青葉賞 2016 出走予定馬情報

【結果速報】良血ヴァンキッシュランが快勝!
1着ヴァンキッシュラン、2着レッドエルディスト、3着レーヴァテイン、4着プロディガルサン、5着メートルダール

ヴァンキッシュランとレッドエルディストの2頭に、日本ダービーの優先出走権が与えられます。

第23回 テレビ東京杯 青葉賞(G2)[ダービートライアル]

2着までの馬に東京優駿(日本ダービー)の優先出走権が与えられるトライアル競走

日程2016年4月30日(土)
発走時間15時45分
開催2回東京3日 11R
競馬場東京競馬場
距離芝2400m・左
出走条件サラ系3歳オープン
負担重量馬齢(牡・せん56kg、牝54kg)
フルゲート18頭

天気予報

4月26日17時00分発表の天気予報では、青葉賞のレース当日は「晴れ時々くもり」、降水確率10%です。

東京競馬場の天気予報 by Yahoo!天気

東京競馬場の馬場情報 by JRA

スポンサーリンク

青葉賞 2016 レース結果・動画

遅れてきた大物・良血ヴァンキッシュラン、直線突き抜け重賞初制覇!

天候:晴れ  芝:良

馬名騎手着差通過順位上3F人気オッズ
16ヴァンキッシュラン内田 博幸2.24.204-05-05-0534.545.1
24レッドエルディスト四位 洋文1 1/409-09-09-1033.959.0
313レーヴァテインC.ルメール307-07-08-0834.714.2
412プロディガルサン戸崎 圭太1 1/404-03-03-0435.824.6
511メートルダールH.ボウマン1 1/411-10-11-0835.134.7
61ラヴアンドポップ大野 拓弥1 1/403-03-03-0336.310173.5
710ノーブルマーズ高倉 稜3/402-02-02-0237.0936.2
87マイネルハニー柴田 大知2 1/201-01-01-0137.6710.6
93ロスカボス池添 謙一1 3/407-07-06-0636.3823.1
109アルカサル田辺 裕信1 1/413-12-09-1036.0610.0
112フレンドミラクル松岡 正海309-10-12-1236.212239.8
125ドンチャブ柴山 雄一ハナ12-12-12-1236.211223.1
138タンサンドール吉田 豊2 1/206-06-06-0637.313272.4
スポンサーリンク

単勝オッズ(人気順)

※単勝オッズは、4月30日 15:35 現在

人気馬番馬名単勝
1813レーヴァテイン4.1
2711メートルダール4.7
356ヴァンキッシュラン4.9
4812プロディガルサン5.1
544レッドエルディスト9.4
669アルカサル9.5
757マイネルハニー10.5
833ロスカボス22.2
9710ノーブルマーズ34.2
1011ラヴアンドポップ168.9
1145ドンチャブ182.8
1222フレンドミラクル204.1
1368タンサンドール235.4
スポンサーリンク

青葉賞2016 枠順(出馬表)

青葉賞2016の枠順が確定しました。騎手・父馬などの出馬表は以下の通りです。

馬番馬名騎手父馬
11ラヴアンドポップ大野 拓弥アドマイヤムーン
22フレンドミラクル松岡 正海バゴ
33ロスカボス池添 謙一キングカメハメハ
44レッドエルディスト四位 洋文ゼンノロブロイ
45ドンチャブ柴山 雄一ハーツクライ
56ヴァンキッシュラン内田 博幸ディープインパクト
57マイネルハニー柴田 大知マツリダゴッホ
68タンサンドール吉田 豊デュランダル
69アルカサル田辺 裕信ドリームジャーニー
710ノーブルマーズ高倉 稜ジャングルポケット
711メートルダールH.ボウマンゼンノロブロイ
812プロディガルサン戸崎 圭太ディープインパクト
813レーヴァテインC.ルメールディープインパクト

予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1レーヴァテイン4.0
2ヴァンキッシュラン4.1
3プロディガルサン4.2
4メートルダール4.6
5アルカサル8.5
6マイネルハニー15.0
7ロスカボス20.0
8レッドエルディスト35.0
9ノーブルマーズ50.0
10ラヴアンドポップ100.0
11ドンチャブ300.0
12エルリストン350.0
13フレンドミラクル400.0
14タンサンドール450.0
15バルダッサーレ500.0

無料競馬予想サイト

参考 日本ダービー2016 出走予定馬情報

参考 京都新聞杯2016 出走予定馬情報

参考 NHKマイルカップ2016 出走予定馬情報

参考 皐月賞2016 レース結果・動画

参考 3歳牡馬クラシック2016特集・賞金順位表

参考 スプリングステークス2016 レース結果・動画

参考 毎日杯2016 レース結果・動画

参考 若葉ステークス2016 レース結果・動画

参考 弥生賞2016 レース結果・動画

参考 共同通信杯2016 レース結果・動画

参考 きさらぎ賞2016 レース結果・動画

レース展望・データ分析などのリンクまとめ

【青葉賞】レース展望 by サンスポ

ダービーを目指して好メンバーが集結/青葉賞の見どころ by netkeiba

【青葉賞展望】勝ってダービーへ!良血プロディガルサン by デイリースポーツ

青葉賞 データ分析 by JRA

青葉賞 2016 出走予定馬・想定騎手

青葉賞の登録馬15頭のうち、現在、青葉賞2016に出走を予定している馬と想定騎手です。
※想定騎手は変更になる可能性があります。
今後また情報が入れば、随時更新していこうと思います。

  • アルカサル     田辺
  • ヴァンキッシュラン 内田博
  • タンサンドール   吉田豊
  • ドンチャブ     柴山
  • ノーブルマーズ   高倉
  • フレンドミラクル  松岡
  • プロディガルサン  戸崎
  • マイネルハニー   柴田大
  • メートルダール   ボウマン
  • ラヴアンドポップ  大野
  • レッドエルディスト 四位
  • レーヴァテイン   ルメール
  • ロスカボス     池添

回避馬・別路線馬

  • ジークカイザー   歩様の乱れ
  • ロイカバード    京都新聞杯へ
  • アジュールローズ  プリンシパルSへ
  • プランスシャルマン プリンシパルSへ
  • マイネルラフレシア プリンシパルSか京都新聞杯
  • アドマイヤエイカン 右前骨膜炎で春全休
  • エフティスパークル プリンシパルSへ
  • モウカッテル
  • ユニゾンデライト
  • エルリストン    京都新聞杯へ
  • バルダッサーレ   自己条件へ

青葉賞2016 出走予定馬情報

4月28日 青葉賞に登録していたエルリストン(牡)は、翌週の京都新聞杯に向かう。

4月14日 中山未勝利戦1着のエフティスパークル(牡)は、青葉賞を視野。

4月7日 アザレア賞1着のヴァンキッシュラン(牡)は青葉賞へ。

4月1日 大寒桜賞を制したレッドエルディスト(牡)は、四位騎手とのコンビで青葉賞。

3月26日 スプリングS2着のマイネルハニー(牡)は、相手関係やローテーションなどを踏まえ、優先出走権を獲得した皐月賞を見送る可能性が高くなった。今後はダービーを最大目標に、同距離の青葉賞を経験させるプラン。

3月24日 すみれS3着のロスカボス(牡)は青葉賞へ。スプリングS5着のミッキーロケット(牡)は、プリンシパルSか青葉賞へ。

3月18日 13年の当歳セレクトセールで2億5200万円(税込)の値をつけた高額馬で、きさらぎ賞は3着に敗れたロイカバード(牡)は、青葉賞やプリンシパルS(5月7日、東京)を視野。

3月18日 ゆきやなぎ賞(500万下、阪神芝2400m)を逃げ切ったノーブルマーズ(牡)は、青葉賞へ向かう。
高倉騎手「物見が激しくて真面目に走っていないんですが、少頭数の単騎逃げでスローのぶん、踏ん張ってくれました」

3月16日 昨年の札幌2歳Sの覇者アドマイヤエイカン(牡)は、皐月賞を見送って、青葉賞からダービーの路線を歩む。
須貝調教師「弥生賞(5着)を見ても、距離が延びて良さそうなタイプだと思うので、ダービーに向けて仕上げていきたい」

3月13日 12日の中山7R(500万下、中山芝2000m)で2勝目を挙げたアジュールローズ(牡)は、青葉賞かプリンシパルSを視野。
柴山騎手「4コーナーでは手応えが怪しかったが、坂を上がってからようやくエンジンがかかった。折り合いはつくので距離が延びても大丈夫」

3月10日 共同通信杯3着のメートルダール(牡)は、青葉賞へ向かう。

3月10日 新馬戦、若竹賞(500万下、中山芝1800m)を連勝中のジークカイザー(牡)は、当初は皐月賞トライアルでの復帰も視野に入っていたが皐月賞を断念。今後はダービートライアルの青葉賞、プリンシパルS、京都新聞杯(5月7日、京都芝2200m)のいずれかを目標に調整される。
池江調教師「間に合いませんね。まだまだ馬が弱い。パンとしたら走ると思うんだけど…。今は牧場で立ち上げているところです。(ダービートライアルの)3つには十分間に合うと思う」

3月9日 すみれS(OP)3着のロスカボス(牡)は、青葉賞や京都新聞杯を視野に。

3月3日 水仙賞(500万下、中山芝2200m)を勝ったアルカサル(牡)は、福島県のノーザンファーム天栄への放牧を挟んで、青葉賞かプリンシパルSへ向かう。

3月3日 すみれS(OP)4着のラヴアンドポップ(牡)は、放牧を挟んで青葉賞へ。

2月25日 リアルスティールの全弟で、東京スポーツ杯2歳S2着のプロディガルサン(牡)は、調整不足のため弥生賞を回避して、青葉賞から始動予定。

2月25日 新馬戦、500万下(東京芝2400m)を無傷2連勝中のレーヴァテイン(牡)は、青葉賞へ。父ディープインパクト、半姉に無敗3連勝で阪神JFを制したレーヴディソール、半兄に昨年の青葉賞や日経新春杯を勝っているレーヴミストラル、2009年の青葉賞勝ち馬アプレザンレーヴなどがいる超良血馬。半兄2頭が制した適正抜群の青葉賞からダービーを目指す。

トップへ戻る