凱旋門賞 2016 出走予定馬情報

新着情報
10月2日:凱旋門賞の単勝オッズ(JRA版)を更新しました
10月2日:凱旋門賞の単勝オッズ(ブックメーカー版)・レーティングを更新しました
9月30日:凱旋門賞の枠順・出馬表を更新しました
9月29日:凱旋門賞の出走馬が確定!今年は16頭立てです。
9月27日:外国の有力馬情報を更新しました
9月24日:凱旋門賞の前哨戦のレース結果・動画を更新しました
9月24日:地上波テレビ放送情報を更新しました

G1・6勝の3歳牝馬マインディングが凱旋門賞回避
欧州2歳女王&英牝馬クラシック2冠馬で、すでにG1を6勝している3歳牝馬マインディングは、凱旋門賞を回避して英チャンピオンズデーに行われるレースを目標にしていくことになりました。by 日刊スポーツ

8戦無敗の3歳牝馬ラクレソニエールが凱旋門賞回避
地元フランスの牝馬クラシック2冠馬で、8戦無敗の3歳牝馬ラクレソニエールが、脚部不安により凱旋門賞を回避することになりました。ラクレソニエールは、多くのブックメーカーが凱旋門賞で2番人気のオッズをつけていた有力馬なので、この回避の影響は大きいですね。by サンスポ

アルマンゾルは、凱旋門賞を回避して英チャンピオンS参戦が濃厚
凱旋門賞に出走予定の有力馬が多数出走した前哨戦・愛チャンピオンSを勝った仏ダービー馬アルマンゾルですが、次走は当初の予定通り、凱旋門賞ではなく英チャンピオンSに向かうことになったと、フランスのメディアなどが報じています。まだ確定という訳ではなさそうですが、大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」ではすでにアルマンゾルのオッズは取り下げられていますし、回避の可能性が高そうです。by 日刊スポーツコラム
8戦無敗の仏オークス馬で凱旋門賞2番人気の3歳牝馬ラクレソニエールと同馬主・同厩舎のため、陣営はラクレソニエールで凱旋門賞を勝てるという自信があるのかもしれないですね。
【9/27追記】ラクレソニエールの凱旋門賞回避を受け、アルマンゾルが凱旋門賞に参戦する可能性が出てきたそうです。by デイリースポーツ
【9/29追記】アルマンゾルは結局、凱旋門賞は回避となりました。

凱旋門賞の前哨戦・ニエル賞はマカヒキが優勝!!
着差はクビ差でしたが、ムチも2発しか使わず、ルメール騎手は本番の凱旋門賞を見据えて足をはかるような乗り方をしてくれました。スローペースでしたが、道中もかかることなく5頭立ての3番手をスムーズに追走。レース中に落鉄のアクシデントがあったものの、ゴール前できっちりと差し切りました。
少頭数で相手も弱かったですが、70%~80%の仕上げでフランス遠征の初戦を余力を持って勝ち切り、前哨戦という意味ではすごくよかったのではないかなと思います。本番の凱旋門賞が楽しみです!!(/≧∀≦)/

凱旋門賞の有力馬が集まった愛チャンピオンSは、仏ダービー馬アルマンゾルが勝利
凱旋門賞のオッズ(愛チャンピオンSレース前)で2番人気のハーザンド、5番人気のマインディング、6番人気のニューベイ、ファウンド、8番人気のアルマンゾルなど、凱旋門賞に出走予定の有力馬が多数集まった重要な一戦・愛チャンピオンSが9月10日に行われ、仏ダービー馬のアルマンゾルが最後方から直線一気で勝利しました。2着はファウンド、3着はマインディング。英愛ダービー馬のハーザンドは8着に敗れました。by スポーツ報知日刊スポーツ

第95回 凱旋門賞(仏G1)【Prix de l’Arc de Triomphe】

今年の凱旋門賞には、日本馬からは今年のダービー馬マカヒキが出走予定です。
鞍上は、若駒Sと弥生賞で共に勝利に導いたルメール騎手と再コンビを結成。

凱旋門賞は、古馬より3.5kgも軽い斤量(負担重量)で出走できる3歳馬が有利なレースです。さらに今年の凱旋門賞は、ロンシャン競馬場が改修工事のためシャンティイ競馬場で行われます。ロンシャンよりも起伏の少ないコースで、日本馬には有利だと言われています。

同距離・同コースで行われた前哨戦のニエル賞を快勝し、2006年に出走して敗れた父ディープインパクトの無念を晴らして日本馬による凱旋門賞初制覇の快挙達成も見えてきました!

という訳で、マカヒキの日本馬による凱旋門賞初制覇の期待が高まる「凱旋門賞2016」の日程や発走時間、単勝オッズ、出走予定馬、マカヒキのライバルとなる外国馬の有力馬の情報、参考レースの結果・動画、テレビ放送予定などについてまとめていきます。

できるだけ最新情報を反映できるよう、随時更新していければと思います(^^)

スポンサーリンク

凱旋門賞2016 枠順(出馬表)

凱旋門賞2016の枠順と馬番が確定しました。
マカヒキは14番ゲートからの発走です。

枠順、馬番、騎手などの出馬表は以下の通りです。

枠順馬番馬名性齢斤量騎手
112ヴェデヴァニ牡356.0A.バデル
26ザグレイギャッツビー牡559.5J.ドイル
39シルジャンズサガ牝658.0P.ブドー
47シルバーウェーヴ牡459.5C.スミヨン
513タリスマニック牡356.0M.バルザローナ
611ハーザンド牡356.0P.スマレン
72ポストポンド牡559.5A.アッゼニ
81ニューベイ牡459.5V.シュミノー
95ワンフットインヘブン牡459.5C.デムーロ
1015サヴォワヴィーヴル牡356.0F.ティリツキ
114ハイランドリール牡459.5S.ヘファナン
1210ファウンド牝458.0R.ムーア
133ミグワール牡459.5O.ペリエ
1414マカヒキ牡356.0C.ルメール
1516レフトハンド牝354.5M.ギュイヨン
168オーダーオブセントジョージ牡459.5L.デットーリ
スポンサーリンク

凱旋門賞2016 単勝オッズ(JRA)

今年から凱旋門賞の馬券がJRAでも購入できるようになりました。
オッズは、JRAが算出する日本国内独自のオッズです。

※単勝オッズは、最終確定オッズ

人気馬番馬名単勝
114マカヒキ2.8
22ポストポンド2.9
310ファウンド7.8
416レフトハンド8.3
511ハーザンド9.0
67シルバーウェーヴ17.5
71ニューベイ21.3
88オーダーオブセントジョージ30.1
94ハイランドリール44.6
1013タリスマニック90.9
1115サヴォワヴィーヴル115.9
123ミグワール145.8
136ザグレーギャツビー172.2
145ワンフットインヘヴン178.7
159シルジャンズサガ216.0
1612ヴェデヴァニ245.4
スポンサーリンク

凱旋門賞2016 単勝オッズ(ブックメーカー)

海外の主要ブックメーカーでは、すでに凱旋門賞の単勝オッズが発表されています。
大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」の、凱旋門賞2016の出走馬16頭の単勝オッズは以下の通りです。

※単勝オッズは、10月2日時点(日本時間)

人気馬名単勝
1ポストポンド2.75
2マカヒキ6.00
3ファウンド8.00
4ハーザンド9.00
5ニューベイ13.00
6オーダーオブセントジョージ17.00
7レフトハンド21.00
8シルバーウェーヴ26.00
8ハイランドリール26.00
10サヴォワヴィーヴル41.00
11タリスマニック51.00
11ザグレイギャッツビー51.00
13ワンフットインヘブン67.00
13シルジャンズサガ67.00
13ミグワール67.00
16ヴェデヴァニ201.00

凱旋門賞2016 日程・発走時間など

日程:2016年10月2日(日)

日程2016年10月2日(日)
発走時間日本時間:23時05分(予定)
競馬場フランス・シャンティイ競馬場
距離芝2400m・右
出走条件3歳以上牡馬・牝馬
斤量(負担重量)3歳牝馬   54.5kg
3歳牡馬   56.0kg
4歳以上牝馬 58.0kg
4歳以上牡馬 59.5kg
フルゲート20頭
1着賞金285万7000ユーロ(約3億4000万円)
賞金総額500万ユーロ(約6億円)

凱旋門賞 2016 出走予定馬・有力馬情報

マカヒキ(牡3:日本)

凱旋門賞オッズ:2番人気(6.0倍)

父:ディープインパクト

史上最強とも言われる今年の3歳世代の頂点に立ったダービー馬。
昨年10月の新馬戦をほぼ馬なりで大楽勝した後、鼻出血が判明して休養。復帰戦の若駒Sは、ノーステッキで上がり32秒6の脚を繰り出し、スローペースで逃げた馬を短い直線だけで差し切る圧巻のパフォーマンス。弥生賞では2歳王者リオンディーズを差し切り、レコードで重賞初制覇。3戦無敗で迎えた皐月賞は、最速の上がりで追い込むもディーマジェスティの2着まで。そしてサトノダイヤモンド以下強力なライバルを退けてダービーを制覇し、最強3歳世代の頂点に立ちました。

海外のレースを勝つには、馬の実力はもちろん、馬場適正や環境への適応力も重要です。これらは実際にやってみないと分からないとは思いますが、
友道調教師は「スピード一辺倒ではなくパワーもあるので(欧州の馬場が)合っていそうな気がする。環境の変化にも動じないと思います」by スポーツ報知
という期待せざるを得ないコメントをしてくれており、渡仏した後のマカヒキの情報を色々見てると、なんかもうすっかり現地になじんでるみたいです(^^)

次走は、9月11日のニエル賞(仏G2)に出走。

参考:日本ダービー2016 レース結果・動画

参考:皐月賞2016 レース結果・動画

参考:弥生賞2016 レース結果・動画

ポストポンド(牡5:英)

ドゥラメンテも破って6連勝中、古馬中距離路線で現在世界トップレベルに位置する最有力馬

凱旋門賞オッズ:1番人気(2.75倍)

父:Dubawi

今年3月のドバイシーマクラシックでは、日本から出走したドゥラメンテを2着に下して優勝。その後、6月のコロネーションカップ(英G1)を4馬身半差で圧勝。連覇のかかるキングジョージ(英G1)は呼吸器の感染症で回避することになったものの、8月の英インターナショナルS(英G1)も快勝してG1・3連勝。昨年のキングジョージから破竹の6連勝を達成しました。

ちなみに英インターナショナルSの2着馬は、ポストポンドが回避したキングジョージを1番人気で逃げ切ったハイランドリール。この結果からも、現在の中距離路線では世界トップレベルということを改めて印象付けました。

今後は、凱旋門賞に直行する予定。

参考:ドバイシーマクラシック2016 レース結果・動画

ラクレソニエール(牝3:仏)

地元フランスの牝馬クラシック2冠馬、8戦無敗の3歳牝馬

【追記】凱旋門賞は回避となりました

父:Le Havre

デビューから無傷の6連勝で仏1000ギニー(仏G1)を制して重賞・G1初制覇を飾ると、続く仏オークス(仏G1)も制して、無敗のまま地元フランスの牝馬クラシック2冠を達成。
8月のノネット賞(仏G2)も快勝して、8戦無敗のまま凱旋門賞に向かう予定。

G1勝ちはこの2勝のみですが、凱旋門賞で強い3歳牝馬で、さらに地元フランスの無敗の仏牝馬2冠馬。同じく地元フランスの3歳牝馬で、無敗のまま凱旋門賞を制した仏オークス馬ザルカヴァやトレヴのように、怪物の可能性もあるかもしれません。マカヒキを応援する側としては非常に怖い存在です(^^;)

今後は、凱旋門賞に直行する予定。

参考:凱旋門賞へ仏馬ラクレソニエールで挑むCデムーロが激白! by スポーツ報知

仏オークス レース動画

ハーザンド(牡3:愛)

英愛ダービー2冠馬、4連勝中のアイルランドの3歳牡馬

凱旋門賞オッズ:4番人気(9.0倍)

父:Sea the Stars

デビュー戦こそ5着に敗れたものの、その後3連勝で英ダービー(英G1)を制覇。父シーザスターズとの親子制覇を達成しました。続く愛ダービー(愛G1)も制して英愛ダービー2冠を達成し、4連勝中。3歳馬のため凱旋門賞は斤量面でも有利で、有力馬の一頭です。

次走は、9月10日の愛チャンピオンS(愛G1)の予定。

英ダービー レース動画(直線のみ)

愛ダービー レース動画

マインディング(牝3:愛)

欧州2歳女王&英牝馬クラシック2冠馬、G1・6勝の3歳牝馬

【追記】凱旋門賞は回避となりました

父:Galileo

2歳時の昨年、モイグレアスタッドS(愛G1)とフィリーズマイル(英G1)を連勝し、欧州最優秀2歳牝馬に輝いた2歳女王。3歳の今年は、日本の桜花賞にあたる英1000ギニー(英G1)を3馬身半差で圧勝。予定変更で急遽出走となった愛1000ギニー(愛G1)は2着に敗れたものの、続く英オークス(英G1)は快勝し、英牝馬クラシック2冠を達成しました。
5月1日:英1000ギニー、5月22日:愛1000ギニー、6月3日:英オークスと、約1ヶ月でG1を3戦する厳しいローテーションにも関わらず「2勝、2着1回」と好成績を残したタフさもすごいです。
その後も、プリティポリーS(愛G1)を4馬身半差で圧勝、ナッソーS(英G1)も快勝し、古馬牝馬相手にG1を連勝。3歳牝馬が7月終了時点ですでにG1・6勝です(^^;)

トレヴ(2013年)、デインドリーム(2011年)、ザルカヴァ(2008年)など、近年の凱旋門賞は3歳牝馬が好走しています。マインディングの次走には要注目ですね。

次走は、9月10日の愛チャンピオンS(愛G1)が濃厚。
そうなれば初の牡馬との対戦となり、本番前にハーザンドとの激突が見られる可能性が高いです。

英1000ギニー レース動画(直線のみ)

英オークス レース動画(直線のみ)

ニューベイ(牡4:仏)

昨年の地元フランスのダービー馬で、凱旋門賞3着馬

凱旋門賞オッズ:5番人気(13.0倍)

父:Dubawi

昨年の仏ダービー(仏G1)を制し、ギョームドルナノ賞(仏G2)、前哨戦のニエル賞(仏G2)と重賞3連勝で臨んだ昨年の凱旋門賞は3着。日本のエイシンヒカリが圧勝して話題となった今年初戦のイスパーン賞(仏G1)では1番人気に支持されるも、大きく離されて6着に惨敗。しかし、8月のゴントービロン賞(仏G3)は楽勝して復調の兆しが見えました。

順調であれば今年の凱旋門賞でも本命サイドだったはずの実力馬です。ゴールデンホーンやトレヴ、フリントシャーなどの強敵相手に3着に来た昨年の凱旋門賞の頃の状態に戻れば、怖い一頭です。

次走は、愛チャンピオンS(愛G1)とフォワ賞(仏G2)の両にらみ。
ハーザンドやマインディングなどが出走予定で好メンバーが揃いそうな愛チャンピオンSに出走してくれば、内容次第で一気に本命サイドに躍り出るかもしれません。

アルマンゾル(牡3:仏)

有力馬のそろった前哨戦・愛チャンピオンSを勝った今年の仏ダービー馬

【追記】凱旋門賞は回避となりました

父:Wootton Bassett

今年の仏ダービー(仏G1)は、単勝1番人気でも5.3倍という混戦模様でしたが、前走のギシュ賞(仏G3)を勝ったアルマンゾルが8番人気の低評価を覆して優勝。8月のギョームドルナノ賞(仏G2)も制して、重賞3連勝中。

ただ、仏ダービーが2005年から2100メートルに距離が短縮されて以降、仏ダービー馬の凱旋門賞勝ちがないというデータもあり、アルマンゾルの凱旋門賞のオッズを見ると評価(人気)は低めです。

【追記】有力馬のそろった愛チャンピオンSを勝利し、凱旋門賞の単勝人気は8番人気(17.0倍)から2番人気(6.0倍)へと、一気に評価が上がりました。

【追記】凱旋門賞を回避して英チャンピオンSに向かうことになったと、フランスのメディアなどが報じています。

仏ダービー レース動画

参考:凱旋門賞挑戦のマカヒキが国内最終追い切りで好感触!世界No.1ポストポンドよりも「本当に怖い」欧州のライバルホースとは by ギャンブルジャーナル

凱旋門賞2016 出走馬16頭のレーティング

凱旋門賞2016の出走馬が確定しました。今年は16頭立てです。
枠順と騎手は、9月30日に決まります。決まったらまた更新します!

※レーティング(ポンド)は、凱旋門賞主催者のフランスギャロ提供のもの。

馬名性齢国名レーティング
ポストポンド牡5イギリス124
ハーザンド牡3アイルランド122
ファウンド牝4アイルランド122
マカヒキ牡3日本121
ハイランドリール牡4アイルランド121
オーダーオブセントジョージ牡4アイルランド119
ニューベイ牡4フランス119
シルバーウェーヴ牡4フランス118
サヴォワヴィーヴル牡3ドイツ116
レフトハンド牝3フランス115
ザグレイギャッツビー牡5イギリス114
シルジャンズサガ牝6フランス112
ワンフットインヘブン牡4フランス112
タリスマニック牡3フランス109
ミグワール牡4フランス106
ヴェデヴァニ牡3フランス105

凱旋門賞2016 地上波テレビ中継・無料放送

地上波テレビ放送はフジテレビが生中継!

地上波テレビ放送では、フジテレビ系列26局ネット「Mr.サンデー × スポーツLIFE HERO’SコラボSP」の番組内で、凱旋門賞を生中継してくれるそうです!

過去に日本馬が凱旋門賞に出走したときもフジテレビは生中継してくれたので期待していましたが、ほんとにありがとうございます!!
全力でマカヒキを応援だー!!(/≧∀≦)/

放送時間 10月2日(日) 22:00 ~ 24:40(予定)

詳しくは凱旋門賞のテレビ中継について(JRA)で確認してください。

グリーンチャンネルは無料放送!

グリーンチャンネルでは、凱旋門賞を無料で衛星生中継してくれます!ありがとうございます!(/≧∀≦)/

グリーンチャンネルを契約していない場合でも、凱旋門賞中継はノースクランブル放送(無料放送)なので、無料で衛星生中継を見ることができます。

ひかりTV、auひかり、グリーンチャンネルモバイル、グリーンチャンネルWebなど、無料放送は行わないケースもあるそうなので、詳しくはグリーンチャンネル「2016凱旋門賞中継」ページで確認してください。

放送時間 10月2日(日) 22:30 ~ 24:00

※無料放送といっても、地上波放送ではありません。グリーンチャンネルなので、BSデジタル放送やCS放送が視聴できる環境が必要です。BSやCS放送の環境がない方は、残念ながらグリーンチャンネルの無料中継を見ることはできません。

凱旋門賞2016 前哨戦のレース結果・動画

愛チャンピオンステークス(愛G1)

凱旋門賞に出走予定の有力馬が多数出走し、有力3歳馬の力関係をはかる意味でも注目のレースです。また、ゴールデンホーン(2015年)とシーザスターズ(2009年)がこのレースを勝って凱旋門賞も制しており、重要な前哨戦となっています。

9月10日(土)
アイルランド・レパーズタウン競馬場
芝2000m・稍重

着順馬名騎手タイム・着差
1アルマンゾルChristophe Soumillon2.08.93
2ファウンドFrankie Dettori3/4
3マインディングRyan Moore2 3/4
4ニューベイVincent Cheminaud1 3/4
5My Dream BoatAdam Kirby1/2
6Moonlight MagicKevin Manningクビ
7ハイランドリールColm O’Donoghue1/2
8ハーザンドPat Smullen3/4
9HawkbillWilliam Buick4 1/2
10Sir Isaac NewtonDonnacha O’Brien3
11Success DaysShane Foley8
12EbediyinLeigh Roche34

スミヨン騎手騎乗の3番人気の仏ダービー馬アルマンゾルが、最後方から大外一気でまとめて差し切り勝ち。同じく後方待機から伸びてきたファウンドが2着。

英牝馬2冠を含むG1・6勝で、2番人気に支持された3歳牝馬マインディングは3着。初の牡馬混合G1で強豪相手に3着は善戦と言えるかもしれませんが、若干の底割れ感は否めないのかなという感じです。(マカヒキを応援する側としては安心してますが)

道中3~4番手に付けていた5番人気のニューベイが4着。昨年の仏ダービーを勝って凱旋門賞も3着に来た実績馬で、8月の前走を楽勝して復調気配でしたが、絶妙な位置に着地しました。

英愛ダービー2冠の3歳牡馬で、1番人気に支持されたハーザンドは8着惨敗。レース中に落鉄していたらしいですが、これは負けすぎではないでしょうか。英ダービー2着のユーエスアーミーレンジャーも同日のエンタープライズS(愛G3)でしれっと2着に敗れてますし。(マカヒキを応援する側としては安心してますが)

ただ、勝ったアルマンゾルは凱旋門賞を回避する可能性が高そうです。(マカヒキを応援する側としてはかなり安心してますが)

愛チャンピオンステークス レース動画

フォワ賞(仏G1)

凱旋門賞と同距離・同コースで行われるステップレースで、最近ではポストポンド(2015年)やオルフェーヴル(2012年、2013年)などの実力馬が勝っているものの、1992年以降、フォワ賞からの凱旋門賞勝ち馬が出ていません。今年は出走馬のレベルも低く、わずか4頭立てで行われました。

9月11日(日)
フランス・シャンティイ競馬場
芝2400m

着順馬名騎手
1シルバーウェーヴM.ギュイヨン
2イトウM.バルザローナ
3エリプティークP.ブドー
4ワンフットインヘヴンC.スミヨン

7月の前走サンクルー大賞(仏G1)でG1初制覇を飾った1番人気シルバーウェーヴが、2番手追走から、逃げたイトウに1馬身差を付けて優勝。勝ちタイムは2分32秒28。
ちなみに、前々走のイスパーン賞(仏G1)では、日本のエイシンヒカリに12馬身差を付けられて3着。

フォワ賞 レース動画

ニエル賞2016 レース結果・動画

着順馬番馬名性齢斤量騎手タイム・着差
15マカヒキ牡358kgC.ルメール2:35.8
21ミッドターム牡358kgV.シュミノークビ
33ドーハドリーム牡358kgG.ブノワ短アタマ
42ダラバド牡358kgC.スミヨン10馬身
54カルゾフ牡358kgC.デムーロ1 1/2馬身

ニエル賞2016 出走馬の枠順(出馬表)

9月11日(日) 22:00 発走予定(日本時間)
フランス・シャンティイ競馬場 芝2400m

ニエル賞2016の枠順(出馬表)は以下の通りです。

枠番馬番馬名性齢騎手父馬
11Midterm牡3V.シュミノーGalileo
23Doha Dream牡3G.ブノワShamardal
32Darabad牡3C.スミヨンDansili
45マカヒキ牡3C.ルメールディープインパクト
54Carzoff牡3C.デムーロZoffany

【ニエル賞】フランス・シャンティイ競馬場の天気・馬場状態
天気:くもり
馬場状態:bon(日本で言うところの「良」)
今朝少し雨が降ったものの、今週はずっと好天が続いていたため、馬場にはあまり影響がないそうです。
がんばれマカヒキ!!(/≧∀≦)/

ニエル賞2016 単勝オッズ(人気順)

9月10日(日本時間)時点でのニエル賞の単勝オッズは以下の通りです。
※単勝オッズは、大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」のオッズ

人気馬名単勝
1マカヒキ1.44
2Midterm5.00
3Doha Dream8.00
4Darabad13.00
5Carzoff51.00

参考:仏G2・ニエル賞に挑むマカヒキ 海外通競馬ライターの見解は? by 東スポ

参考:【ニエル賞】マカヒキ世界デビュー戦Vへ 強敵不在で負けられない戦い by デイリースポーツ

【ニエル賞】9月11日22時(日本時間)発走!マカヒキは単勝1.44倍!
日本時間の9月11日22時、マカヒキが凱旋門賞の前哨戦・ニエル賞に出走します。出走メンバーでG1勝ち馬はマカヒキだけということもあり、大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」では単勝1.44倍の圧倒的1番人気となっています。ここは絶対に負けられない!!
ちなみに、テレビ放送(生中継)は、グリーンチャンネルが無料放送してくれるそうです!
※ひかりTVやグリーンチャンネルモバイルなど無料放送は行わないケースもあるそうなので、詳しくはグリーンチャンネルのホームページで確認してください。

日本国内(JRA)での馬券発売について

今年の凱旋門賞から、日本でも海外競馬の馬券が買えるようになりました。
オッズは、JRAが算出する日本国内独自のオッズとなるようです。海外のブックメーカーに比べてマカヒキが人気になりそうですね。

  • 馬券の発売はインターネット限定(「A-PAT」及び「即PAT」)
  • 「単勝」「複勝」「ワイド」「馬連」「馬単」「3連複」「3連単」の7式別を発売
  • 発売開始時刻は、凱旋門賞当日の10月2日(日)の10:00から
  • 発売締切時刻は、発走時刻(日本時間23:05予定)の4分前

その他、日本での馬券発売の詳細は、2016凱旋門賞(G1)の勝馬投票券発売実施について(JRA)を参照してください。

無料競馬予想サイト
クローバーとわんこ

シェアしてください!(/≧∀≦)/

トップへ戻る