ホープフルステークス 2015 出走予定馬情報

ディーマジェスティ、フレグモーネで出走取消
レース当日早朝 ホープフルステークスに出走予定だったディーマジェスティですが、フレグモーネで出走取消となりました。

ダイチラディウスとノガロはホープフルS回避、寒竹賞へ
ダイチラディウスとノガロは、登録のあったホープフルSを回避して、1月10日の寒竹賞(500万下、中山芝2000m)に回ることになりました。by 日刊スポーツ

第32回 ホープフルステークス(G2)

  • 日程:2015年12月27日(日)
  • 14時35分発走
  • 中山競馬場
  • 芝2000m
  • フルゲート18頭
スポンサーリンク

ホープフルステークス2015 レース結果・動画

天候:くもり  芝:良

※再生してすぐファンファーレが鳴ります。音声に注意してください(^^;)

馬名騎手タイム着差通過順位上3F人気オッズ
16ハートレーH.ボウマン2.01.808-09-09-0734.337.4
29ロードクエストM.デムーロ2.02.01 1/412-12-11-0734.111.9
38バティスティーニC.ルメール2.02.31 3/408-08-07-0635.123.4
413ブラックスピネル松若 風馬2.02.41/202-02-02-0135.8613.9
51アドマイヤエイカン岩田 康誠2.02.51/206-06-07-0735.4410.5
62プランスシャルマン戸崎 圭太2.02.7105-04-04-0435.8511.5
711ブレイブスマッシュ横山 典弘2.02.7クビ10-10-10-1135.0729.7
810プレイヤーサムソンA.アッゼニ2.02.7クビ06-06-06-0435.7865.1
94オンザロックス川田 将雅2.03.33 1/203-03-02-0236.611221.6
1012クラウンスカイ吉田 隼人2.03.93 1/210-11-12-1235.912294.3
115ラブレオ三浦 皇成2.04.11 1/401-01-01-0237.6989.0
123ネコダンサー石橋 脩2.05.0504-04-04-0738.110165.4
取消7ディーマジェスティ蛯名 正義
スポンサーリンク

ホープフルステークス 2015 出走予定馬・想定騎手

ホープフルステークスの登録馬16頭のうち、現在ホープフルステークス2015に出走を予定している馬と想定騎手です。
※想定騎手は変更になる可能性があります。
今後また情報が入れば更新していこうと思います。

  • アドマイヤエイカン 岩田
  • オンザロックス
  • クラウンスカイ
  • ディーマジェスティ 蛯名
  • ネコダンサー
  • バティスティーニ  ルメール
  • ハートレー     ムーア →ボウマン
  • ブラックスピネル  松若
  • プランスシャルマン 戸崎
  • ブレイブスマッシュ 横山典
  • プレイヤーサムソン
  • ポロス
  • ラブレオ      三浦
  • ロードクエスト   M.デムーロ
スポンサーリンク

回避馬・別路線馬

  • イモータル    朝日杯FS
  • ドレッドノータス 放牧(次走は年明け)
  • ダイチラディウス 寒竹賞(1月10日)
  • ノガロ      寒竹賞(1月10日)

参考 朝日杯フューチュリティステークス2015 出走予定馬情報

参考 東京スポーツ杯2歳ステークス2015 出走予定馬情報

ホープフルステークス2015 出走予定馬情報

12月15日 8月の札幌未勝利戦を勝ち上がったラブレオは、ホープフルSで復帰予定。中山の自己条件も視野に入れて両にらみ。

12月3日 デビュー2連勝で京都2歳Sを制したドレッドノータス(牡)、アイビーS2着のユウチェンジ(牡)は、ホープフルSへ。

11月29日 京都2歳S3着のアドマイヤエイカン(牡)は、ホープフルSへ。鞍上は引き続き岩田騎手。

11月26日 東スポ杯2歳S3着のマイネルラフレシア(牡)は、ホープフルSか京成杯(1月17日)へ。

11月18日 2着に3馬身半差をつける快勝で、黄菊賞をデビュー2連勝で制したバティスティーニ(牡)は、次走はルメール騎手でホープフルSを予定。松田国調教師「もっと調教を積むと、いい筋肉がつきそうです。心肺能力はすごい」

11月18日 サウジアラビアRCを制したブレイブスマッシュは、ホープフルSへ。鞍上は引き続き横山典騎手。

11月15日 単勝1.5倍の1番人気に応えて、14日の東京新馬戦(芝2000m)を快勝したハートレー(牡)は、次走ホープフルSを視野に。ムーア騎手「最初はズブいところがあったが、直線で前が空くとスパッと抜け出した。来年、必ず重賞を勝てる器」手塚調教師「距離が延びても良さそう。いったん放牧に出して次走はホープフルSも候補」

11月9日 百日草特別は、プランスシャルマン(牡)が1番人気に応えて快勝。C.デムーロ騎手「道中2番手を落ち着いて追走できた。直線で先頭に立つと、物見しながら勝ってくれた」斎藤調教師「ベタツメなので雨は嫌だったが、何とかこなしてくれた。オーナーと相談してホープフルSへ向かいたい」

11月5日 萩Sで2勝目を挙げたブラックスピネル(牡)は、ホープフルSへ。

11月5日 サウジアラビアロイヤルC2着のイモータル(牡)は、ホープフルSを視野に。

11月4日 無傷の2連勝で新潟2歳Sを制したロードクエスト(牡)は、予定通りホープフルSに直行する。小島茂調教師「来春のことも考え、間に挟まず、ホープフルS直行の予定。距離は延びた方がいいと思うので」
※1990年以降で2歳重賞を4馬身以上の差をつけて勝った馬は16頭。その半数の8頭が、のちにG1馬になったというデータがあるそうです。

無料競馬予想サイト
クローバーとわんこ

シェアしてください!(/≧∀≦)/

トップへ戻る