2015年度JRA賞決定!年度代表馬はモーリス

「2015年度JRA賞」の受賞馬選考委員会が開催され、記者投票(投票者291名)により年度代表馬と競走馬各部門の受賞馬が決定しました。

※満票は291票です

JRA賞受賞馬票数
年度代表馬モーリス215票
最優秀2歳牡馬リオンディーズ289票
最優秀2歳牝馬メジャーエンブレム291票
最優秀3歳牡馬ドゥラメンテ285票
最優秀3歳牝馬ミッキークイーン291票
最優秀4歳以上牡馬ラブリーデイ174票
最優秀4歳以上牝馬ショウナンパンドラ213票
最優秀短距離馬モーリス245票
最優秀ダートホースコパノリッキー147票
最優秀障害馬アップトゥデイト289票

参考:JRA

それでは、2015年度JRA賞の各部門と年度代表馬の投票結果、受賞馬の2015年の競走成績について、もう少し詳しく見ていきたいと思います(^^)

スポンサーリンク

年度代表馬はモーリス

年度代表馬には、2015年6戦無敗のマイル王・モーリスが選ばれました。

順位馬名票数
1モーリス215
2ラブリーデイ55
3ドゥラメンテ19
4キタサンブラック1
4該当馬なし1

2015年は、怪物モーリス覚醒の年でした。
2015年は1000万下からのスタートだったモーリスですが、1000万下→1600万下→G3と連勝で駆け上がり、G1初挑戦となった安田記念も制して無傷の快進撃で頂点まで登りつめました。
秋は、体調が整わず毎日王冠を回避し、安田記念以来5ヶ月半の休み明けでマイルチャンピオンシップに出走することになりましたが、不利と言われる8枠から歴代優勝馬最速の上がり3ハロン33秒1で差し切り、史上6頭目の同一年春秋マイルG1制覇の快挙を達成しました。
初の海外遠征となった香港マイルは、香港最強マイラー・エイブルフレンドを破って快勝。
2015年は6戦全勝、マイルG1・3連勝で世界のマイル王にまで登りつめ、文句なしの年度代表馬です!(^^)

ちなみに、短距離路線を中心に活躍して年度代表馬に輝いたのは、98年のタイキシャトル、13年のロードカナロアに次いで3頭目です。

モーリスの2015年の競走成績

6戦6勝、重賞4勝(G1:3勝)

日付レース名距離着順
12月13日香港マイルG1芝16001
11月22日マイルCSG1芝16001
6月7日安田記念G1芝16001
4月5日ダービー卿CTG3芝16001
3月7日スピカS1600万下芝18001
1月25日若潮賞1000万下芝16001

参考 マイルチャンピオンシップ2015 レース結果・動画など

参考 香港マイル2015 レース結果・動画など

スポンサーリンク

最優秀2歳牡馬はリオンディーズ

最優秀2歳牡馬は、朝日杯FSを勝った2歳王者リオンディーズが大差で受賞しました。

順位馬名票数
1リオンディーズ289
2ハートレー2

ホープフルSを勝ったハートレーにも2票入りましたが、2歳馬唯一のG1をあれだけのインパクトを残して勝ったことから、満票受賞でもおかしくない順当な結果だと思います。

リオンディーズの2015年の競走成績

2戦2勝、G1:1勝

日付レース名距離着順
12月20日朝日杯FS(G1)芝16001
11月22日2歳新馬芝20001

参考 朝日杯FS 2015 レース結果・動画など

リオンディーズやハートレー以外にも、2016年の明け3歳馬は強そうな期待馬が多くて、クラシックはかなり楽しみにしてます!(≧∀≦)

参考 3歳牡馬クラシック2016特集

スポンサーリンク

最優秀2歳牝馬はメジャーエンブレム

最優秀2歳牝馬は、阪神JFを勝った2歳女王メジャーエンブレムが満票で受賞しました。
阪神JFは圧倒的なパフォーマンスで、文句なしの満票受賞だと思います。

メジャーエンブレムの2015年の競走成績

4戦3勝、G1:1勝

日付レース名距離着順
12月13日阪神JF(G1)芝16001
10月31日アルテミスS(G3)芝16002
9月12日アスター賞(500万下)芝16001
6月14日2歳新馬芝18001

参考 阪神JF 2015 レース結果・動画など

参考 3歳牝馬クラシック2016特集

最優秀3歳牡馬はドゥラメンテ

最優秀3歳牡馬は、皐月賞とダービーを制した2冠馬ドゥラメンテが98%の支持を集めて大差で受賞しました。

順位馬名票数
1ドゥラメンテ285
2キタサンブラック6

2冠を達成した後、秋は3冠を目指すか凱旋門賞に挑戦するか注目されていた中で骨折が判明し、秋は残念ながら(ほんとに残念でした…(T-T))全休となってしまいましたが、上半期のパフォーマンスのインパクトと話題性は圧倒的で、2015年上半期の競馬界はドゥラメンテを中心に回っていたと言っても過言ではないと思います。
骨折がなければ年度代表馬も狙えたほどの馬なので、後に菊花賞を勝つキタサンブラックをまったく相手にしなかった対戦成績を見ても、最優秀3歳牡馬は満票受賞でもおかしくなかったのではと思える受賞でした。復帰戦の中山記念(2月28日)がほんと楽しみです(^^)

ドゥラメンテの2015年の競走成績

4戦3勝、G1:2勝

日付レース名距離着順
5月31日日本ダービー(G1)芝24001
4月19日皐月賞(G1)芝20001
2月15日共同通信杯(G3)芝18002
2月1日セントポーリア賞(500万下)芝18001

最優秀3歳牝馬はミッキークイーン

最優秀3歳牝馬は、オークスと秋華賞の牝馬2冠を達成したミッキークイーンが満票で受賞しました。

新馬戦は半馬身差の2着に敗れたものの、勝ち馬は逃げ切り勝ちで、レース全体の上がり34.8秒に対してミッキークイーンは33.7秒。負けて強しの内容でした。
2戦目の未勝利戦で順当に勝ち上がりましたが、ミッキークイーンは春の時点では食いが安定せず、馬体重が減りやすくなっていました。そして、初めての関東への輸送となったクイーンカップでは20キロも馬体を減らしてしまいます。
馬体重を大幅に減らしながらも僅差の2着と健闘し、改めてポテンシャルの高さを示した一戦ではありましたが、その後体調を崩してしまい、賞金的に桜花賞出走が微妙なラインであるにも関わらずレースに使うことができず、除外覚悟で桜花賞に直行せざるを得なくなりました。
賞金上位馬が回避し、最終的には桜花賞出走は3分の2の抽選となりましたが、無念の抽選除外。
「この悔しさは忘れな草」という想いを胸に出走した桜花賞当日の忘れな草賞では、手綱を抑えたまま快勝。「もし桜花賞に出走していたら…」と思ってしまうほど圧倒的なパフォーマンスで、オークスの出走を確実なものとしました。
桜花賞除外の雪辱を果たして樫の女王に輝くと、内枠有利とされる秋華賞を大外枠から制して牝馬2冠を達成。文句なしの満票受賞だと思います。

ミッキークイーンの2015年の競走成績

6戦3勝、G1:2勝

日付レース名距離着順
11月29日ジャパンカップ(G1)芝24008
10月18日秋華賞(G1)芝20001
9月20日ローズS(G2)芝18002
5月24日オークス(G1)芝24001
4月12日忘れな草賞(OP)芝20001
2月14日クイーンC(G3)芝16002

参考 ローズステークス2015 レース結果・動画など

参考 秋華賞2015 レース結果・動画など

参考 ジャパンカップ2015 レース結果・動画など

その他のJRA賞競走馬部門の記者投票集計結果はこちら by JRA

無料競馬予想サイト
クローバーとわんこ

シェアしてください!(/≧∀≦)/

トップへ戻る