マイルチャンピオンシップ 2016 出走予定馬情報

ミッキーアイル、浜中騎手とのコンビ復活でマイルチャンピオンシップへ
約半年の休み明けとなったスプリンターズSで頭差2着に惜敗したミッキーアイルは、浜中騎手とのコンビ復活でマイルチャンピオンシップに出走することになりました。浜中騎手とは、昨年12月の香港スプリント(7着)以来、4レースぶりのコンビ復活となります。by スポニチ

第33回 マイルチャンピオンシップ(G1)

【ジャパン・オータムインターナショナル】

日程2016年11月20日(日)
発走時間15時40分
開催5回京都6日 11R
競馬場京都競馬場
距離芝1600m・右・外
出走条件サラ系3歳以上オープン
負担重量定量(3歳56kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)
フルゲート18頭
レースレコード1:31.5(ダノンシャーク:2014年)
スポンサーリンク

マイルチャンピオンシップ 2016 出走予定馬・想定騎手

マイルチャンピオンシップ2016の出走予定馬と想定騎手は以下の通りです。
※想定騎手は変更になる可能性があります。
今後また情報が入れば、随時更新していきます。

出走予定馬想定騎手
アルビアーノ
イスラボニータ
ウインプリメーラ
ウインフルブルーム
サトノアラジン
スノードラゴン
ダコール
ダノンシャーク
ダノンプラチナ
ダノンリバティ
ディサイファ
ネオリアリズム
フィエロ
フルーキー
ミッキーアイル浜中
ヤングマンパワー
リアルスティール
ロードクエスト池添

ウインプリメーラは、エリザベス女王杯かマイルCS
スノードラゴンは、香港スプリントかマイルCS
ディサイファは、天皇賞秋かマイルCS
リアルスティールは、マイルCSか、香港マイルか香港カップ

スポンサーリンク

選出外国馬

  • ガリレオゴールド(牡3、イギリス)
  • ムタケイエフ(せん5、イギリス)
  • クーガーマウンテン(牡5、アイルランド)
  • ヒットイットアボム(牡3、アイルランド)
  • ウェキカ(牝5、フランス)
  • スペクトゥル(牝3、ドイツ)

参考:マイルチャンピオンシップ 外国馬情報(選出馬) by JRA

スポンサーリンク

マイルチャンピオンシップ 予想データ分析(過去10年)

単勝人気

人気1着2着3着4下勝率連対率複勝率
1番人気332230.0%60.0%80.0%
2番人気111710.0%20.0%30.0%
3番人気03070.0%30.0%30.0%
4番人気311530.0%40.0%50.0%
5番人気102710.0%10.0%30.0%
6番人気00190.0%0.0%10.0%
7番人気000100.0%0.0%0.0%
8番人気101810.0%10.0%20.0%
9番人気00190.0%0.0%10.0%
10以下121851.1%3.4%4.5%

過去10年のデータでは、上位人気馬の信頼度は低いです。
ただ、1番人気馬の複勝率は80%なので、3連複や3連単の軸としては信頼できます。

枠順

枠番1着2着3着4下勝率連対率複勝率
111175.0%10.0%15.0%
111175.0%10.0%15.0%
2011710.0%10.0%15.0%
2501310.0%35.0%35.0%
110185.0%10.0%10.0%
101185.0%5.0%10.0%
114233.4%6.9%20.7%
112263.3%6.7%13.3%

過去10年のデータだけ見ると、内外の極端な有利不利はないように見えますが、マイルチャンピオンシップは外枠が全く来ないバイアスが発生します。
過去10年の大外8枠の連対馬を見てみると、唯一の勝ち馬は昨年のモーリスで、唯一の2着馬は2008年のスーパーホーネット。昨年のモーリスの8枠での勝利は、実に23年ぶりのことでした。
スーパーホーネットは、追い込み脚質など、外枠以外にも不利に働いた要因はあるとは思いますが、これほどの馬でも勝てなかった外枠はやはり厳しいのではないかと思います。
モーリスに関しては説明不要ですね。大外枠がどうとかいう次元ではない馬です。

脚質

脚質1着2着3着4下勝率連対率複勝率
逃げ01090.0%10.0%10.0%
先行321318.1%13.5%16.2%
差し656607.8%14.3%22.1%
追込123491.8%5.5%10.9%

過去10年のデータでは、逃げ馬と追い込み馬は不利な傾向となっており、差し馬が最も優秀な成績を残しています。
ちなみに、逃げ馬で唯一2着に来たのは、2009年のマイネルファルケ。14番人気でノーマークだったこともあり、スローペースで単騎の逃げを打ってそのまま2着に粘り込みました。
追い込み馬で唯一の勝ち馬は、2013年のトーセンラー。京都のマイルが得意なディープインパクト産駒の中でも特に京都の鬼で、3歳時のきさらぎ賞(京都)では大逃げを打って勝ちパターンだったリキサンマックスを33.4の豪脚を繰り出してゴール寸前で差し切り、のちの3冠馬オルフェーヴルも3着に下しました。

マイルチャンピオンシップ2016 出走予定馬情報

10月6日 スプリンターズステークス5着のスノードラゴン(牡8)は、香港スプリント(12月11日、シャティン芝1200m)に登録する予定ですが、マイルチャンピオンシップから阪神カップ(12月24日、阪神芝1400m)の国内路線も視野に入れているそうです。

10月5日 ポートアイランドSを勝ったウインプリメーラ(牝6)は、エリザベス女王杯かマイルCSへ出走予定で、これが引退レースになる予定です。

9月16日 3月の高松宮記念3着後に休養しているアルビアーノ(牝4)は、スワンS(10月29日、京都芝1400m)で復帰予定。その後はマイルチャンピオンシップに出走予定です。

9月14日 京成杯AH10着のダノンリバティ(牡4)は、放牧を挟んでマイルチャンピオンシップを視野に入れているそうです。

9月14日 京成杯AHを完勝したロードクエスト(牡3)は、富士SからマイルCSに出走予定です。

9月10日 小倉日経オープン2着のウインフルブルーム(牡5)は、毎日王冠の結果と内容次第で、マイルCSに出走する予定だそうです。

9月8日 安田記念で11着に惨敗したリアルスティール(牡4)の天皇賞・秋以降のローテは、マイルCSか、香港マイルか香港カップを視野に入れているそうです。

8月15日 関屋記念を勝ったヤングマンパワー(牡4)は、一回放牧に出されて富士Sへ。その後はマイルチャンピオンシップに出走予定です。

8月4日 エプソムカップ2着のフルーキー(牡6)は、マイルチャンピオンシップを目標に復帰するそうです。

7月28日 安田記念6着のディサイファ(牡7)は、秋は毎日王冠から始動して、内容次第で天皇賞・秋かマイルCSに出走するか決めるそうです。

7月20日 安田記念3着のフィエロ(牡7)は、スワンSからマイルチャンピオンシップに出走予定です。

7月20日 安田記念7着のダノンシャーク(牡8)は、前哨戦を使ってマイルCSに出走予定です。

7月1日 安田記念4着のサトノアラジン(牡5)は、マイルチャンピオンシップから香港マイルを目指す予定です。

無料競馬予想サイト

過去のマイルチャンピオンシップのレース結果・出走馬情報など

モーリス、無傷の5連勝で春秋マイルG1連覇! 絶対王者誕生!!
4番人気のモーリスが差し切り、今年無傷の5連勝で安田記念に続きG1連勝。8年ぶり史上6頭目の同一年の春秋マイルG1制覇の快挙を、5か月半の休み明け初戦で成し遂げました!
8枠での勝利は23年ぶり。上がり3ハロン33秒1は歴代優勝馬最速。安田記念からの直行Vは史上初。2007年のダイワメジャー以来、史上6頭目の同一年春秋マイルG1制覇を記録づくめで達成し、まさに絶対王者の誕生です!!

レース結果(着順表)とレース動画はこの下にあるので参考にしてください!

マイルチャンピオンシップ 前日オッズ、イスラボニータが3.4倍で1番人気
マイルG1初挑戦の皐月賞馬イスラボニータが3.4倍の1番人気、4連勝で安田記念を制したモーリスが5.1倍の2番人気、3番人気は昨年2着のフィエロで5.9倍と続きます。

全出走馬の前日最終オッズはこの下にあるので参考にしてください!

マイルチャンピオンシップの枠順が確定! イスラボニータは3枠5番、モーリスは8枠16番

出馬表(枠順・騎手・父馬)はこの下にあるので参考にしてください!

アルマワイオリが抽選を突破
アルマワイオリとサンライズメジャーの2頭による2分の1の抽選の結果、アルマワイオリが抽選を突破してマイルCSの出走権を獲得しました。by 日刊スポーツ

4連勝のミッキーオリビエ、マイルCS登録へ
1番人気に支持された長岡京S(1600万下)を勝って4連勝を飾ったミッキーオリビエ(牡3、父キングカメハメハ、母ザレマ)は、賞金的に出走できるかどうかは微妙ながら、マイルチャンピオンシップに登録することになりました。

エイシンヒカリ、香港国際競走を視野
天皇賞・秋で9着に敗れたエイシンヒカリは、登録済みの香港国際競走を視野に。第1希望がカップ(芝2000m)、第2希望がマイル(芝1600m)で、選出されなければ放牧に出て来年に備えるそうです。

イスラボニータ、マイルCSに参戦! マイルは12戦ぶり
天皇賞・秋3着の皐月賞馬イスラボニータが、マイルCSに参戦することが決まりました。マイル戦は、2歳時の新潟2歳S(2着)以来12戦ぶり。

グランデッツァ、屈腱炎を発症し現役引退
毎日王冠11着後、マイルCSを目指して調整されていたグランデッツァですが、両前脚の屈腱炎が判明。関係者で協議した結果、現役引退が決まりました。今後は種牡馬となる予定です。
屈腱炎から復帰した後、ディサイファを5馬身ちぎって日本レコードをたたき出した都大路Sは衝撃的でした。G1を勝つところを見たかったです。お疲れ様でした。

ダノンプラチナ、マイルCSは回避して香港マイルヘ
約半年ぶりの富士Sを勝った昨年の2歳王者ダノンプラチナは、優先出走権を獲得しているマイルCSを回避し、香港マイルを目指すことが決まりました。ダノンプラチナは富士S後に左前挫石を発症。挫石自体は大きな影響はないものの、時間的にマイルCSへの参戦は難しいと判断されたとのことです。

外国馬は10頭すべて出走を辞退
マイルCSの選出馬ならびに補欠馬(のちに選出)となっていた10頭の外国馬が、すべて出走を辞退しました。これにより、外国馬の出走はなくなりました。

第32回 マイルチャンピオンシップ(G1)

  • 11月22日(日)
  • 15時40分発走
  • 京都競馬場
  • 芝1600m
  • 定量(3歳56kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)
  • フルゲート18頭

マイルチャンピオンシップ2015 レース結果・動画

天候:くもり  芝:良

馬名騎手タイム着差通過順位脚質上3F人気オッズ
116モーリスR.ムーア1.32.809-0833.145.7
210フィエロM.デムーロ1.33.01 1/408-0833.325.1
35イスラボニータ蛯名 正義1.33.0クビ12-1333.013.2
48サトノアラジンC.ルメール1.33.0ハナ09-1033.235.6
57アルビアーノ柴山 雄一1.33.1クビ05-0433.7512.9
63レッツゴードンキ戸崎 圭太1.33.31 1/401-0134.31028.6
714トーセンスターダム武 幸四郎1.33.3アタマ03-0334.1927.9
813リアルインパクトH.ボウマン1.33.3アタマ14-1333.21795.9
917ロゴタイプ浜中 俊1.33.43/406-0634.0824.0
1015ダノンシャーク岩田 康誠1.33.53/416-1533.1717.1
116アルマワイオリ勝浦 正樹1.33.5クビ15-1533.318195.4
1218クラリティスカイ横山 典弘1.33.61/202-0234.51483.5
1311カレンブラックヒル秋山 真一郎1.33.71/211-1133.81379.5
141ヴァンセンヌ川田 将雅1.33.81/217-1733.3616.5
1512レッドリヴェールA.アッゼニ1.33.9クビ12-1133.91589.4
162ケイアイエレガント吉田 豊1.33.9クビ03-0434.51276.7
174ダイワマッジョーレ武 豊1.34.0クビ06-0734.41165.7
189レッドアリオン川須 栄彦1.34.21 1/217-1833.61690.4

レース後のコメント・回顧

1着 モーリス(4番人気)

ムーア騎手
「1000メートル地点でいい位置につけられたので、あとは本来の力を出せれば勝てると思った。直線はすごく切れる脚を使ったね。2歳時から大きかったが、まだ体ができていなかった。今は体にともなった筋肉がついた。イレ込まず、ゲートでも落ち着いてスタートを決められたのも成長の証し。世界中でG1を勝っているが、マイルのトップと言っていい」

堀調教師
「美浦にいる段階ではいい状態だったし、輸送も乗り越えてくれた。今日も落ち着いていたし、安田記念の方が気負っていたくらい。だいぶ大人になったのかな。レースは折り合いが完璧だったので安心して見ていられた」

2着 フィエロ(2番人気)

中団の勝ち馬とほぼ同じ位置から、直線狭いスペースをこじ開けて力強く伸びてきたが、外からの勝ち馬の強襲には及ばず2年連続の2着。

M.デムーロ騎手
「残念。いいスタートから、グッドポジションで運べたんだけど…。やはりマイルは合うし、イメージしていた通りの競馬はできた。勝った馬が強かったね」

3着 イスラボニータ(1番人気)

スタートで痛恨の出遅れ。最後方から内ラチ沿いを追い上げて中団やや後方につけ、直線は馬群を縫ってメンバー最速の上がり3ハロン33秒0で伸びたが、3着確保が精いっぱいだった。

蛯名騎手
「最近、ゲート内で上下運動をするようになった。それで今日も立ち上がってジャンプして…。天皇賞はおとなしかったが、毎日王冠もこんな感じだった。今日は地力でここまで来てくれた」

4着 サトノアラジン(3番人気)

道中は中団の内めをキープし、直線は徐々に外へ持ち出しながら、上がり3ハロン33秒2の末脚で猛然と追い上げたが、写真判定の4着。

ルメール騎手
「完璧なレースができて、何も言うことはない。リラックスして、直線もよく伸びてくれたし、マイルの距離もちょうどいい。ただ、勝ち馬が強かったね」

5着 アルビアーノ(5番人気)

スタートを決めて好位へ。馬群のなかで折り合いをつけながら、直線はインを突いてジワジワと伸びたが、上位勢の決め手に屈して5着。

柴山騎手
「向正面でフィエロと接触してハミをかんでしまった。力んでいた。それでも最後まで頑張ってくれた。来年が楽しみ」

単勝オッズ(人気順)

※前日最終オッズ

人気馬番馬名単勝
15イスラボニータ3.4
216モーリス5.1
310フィエロ5.9
48サトノアラジン6.7
57アルビアーノ11.7
615ダノンシャーク17.3
71ヴァンセンヌ20.2
814トーセンスターダム20.4
93レッツゴードンキ23.8
917ロゴタイプ23.8
112ケイアイエレガント49.4
124ダイワマッジョーレ52.0
1312レッドリヴェール57.8
1411カレンブラックヒル60.3
159レッドアリオン60.5
1618クラリティスカイ64.1
1713リアルインパクト90.0
186アルマワイオリ125.0

マイルチャンピオンシップ 枠順(出馬表)

マイルチャンピオンシップ2015の枠順が確定しました。騎手・父馬などの出馬表は以下の通りです。

馬番馬名騎手
11ヴァンセンヌ川田 将雅ディープインパクト
12ケイアイエレガント吉田 豊キングカメハメハ
23レッツゴードンキ戸崎 圭太キングカメハメハ
24ダイワマッジョーレ武 豊ダイワメジャー
35イスラボニータ蛯名 正義フジキセキ
36アルマワイオリ勝浦 正樹マツリダゴッホ
47アルビアーノ柴山 雄一Harlan’s Holiday
48サトノアラジンC.ルメールディープインパクト
59レッドアリオン川須 栄彦アグネスタキオン
510フィエロM.デムーロディープインパクト
611カレンブラックヒル秋山 真一郎ダイワメジャー
612レッドリヴェールA.アッゼニステイゴールド
713リアルインパクトH.ボウマンディープインパクト
714トーセンスターダム武 幸四郎ディープインパクト
715ダノンシャーク岩田 康誠ディープインパクト
816モーリスR.ムーアスクリーンヒーロー
817ロゴタイプ浜中 俊ローエングリン
818クラリティスカイ横山 典弘クロフネ

確定した枠順についての陣営のコメント(一部抜粋)

1番 ヴァンセンヌ
松永幹調教師「偶数が良かったけど、外でなければいいと思っていたのでいいと思う。前に壁をつくって運べそうですし、うまく折り合いをつけていきたい」

3番 レッツゴードンキ
梅田智調教師「行き(逃げ)そうなケイアイエレガントの外というのもいい。最初からハナでも、桜花賞のように途中からでもいい。ケイアイの出方を見ながら運べる。良いところが当たったよ」

4番 ダイワマッジョーレ
甲斐助手「枠は奇数でも偶数でもどこでもいい。スタートさえ出てくれれば」

6番 アルマワイオリ
西浦調教師「京都マイルのスタート地点は向正面のポケット。しばらくは直線を走るわけだし、枠順はそんなに気にならないよ」

7番 アルビアーノ
木村調教師「内に行く馬がいて、ここならジョッキーも仕事がしやすいんじゃないですか」

8番 サトノアラジン
山元助手「もう少し外が欲しかったが、いいところではありますね」

9番 レッドアリオン
橋口慎技術調教師「できれば外枠が欲しかったんですけどね。外に馬がいると力んでしまって、走りに集中できなくなるんですよ」

10番 フィエロ
荻野調教助手「いい枠が当たったんじゃないの。力を出し切れば結果もついてくる」

11番 カレンブラックヒル
平田調教師「1枠1番だけは嫌だったからね。外目になったし、色んなことも考えられそうだな」
小林助手「ほどよいところですね。ハナだと目標になるので、出たなりでジワッといければ」

14番 トーセンスターダム
兼武調教助手「ゲートで待たされると嫌がる時があるので、外目の偶数枠は良かった」

17番 ロゴタイプ
田中剛調教師「スタート後の直線が長いですし、ロスなく運んで内に入れられれば」

18番 クラリティスカイ
友道調教師「今週からCコースになるし、内がいいか、外がいいか分からないけど、先週は外目の方が伸びてたような感じだもんね」

マイルチャンピオンシップ 2015 出走予定馬・想定騎手

マイルチャンピオンシップ2015の登録馬23頭のうち、現在、マイルチャンピオンシップに出走を予定している馬と想定騎手です。
回避馬情報など、今後また情報が入れば更新していこうと思います。

マイルCS 優先出走権(1頭)

  • アルビアーノ    柴山

賞金順(16頭)

  • リアルインパクト  ボウマン
  • ダノンシャーク   岩田
  • モーリス      ムーア
  • レッツゴードンキ  戸崎
  • イスラボニータ   蛯名
  • ヴァンセンヌ    川田
  • クラリティスカイ  横山典
  • レッドアリオン   川須
  • ケイアイエレガント 吉田豊
  • ダイワマッジョーレ 武豊
  • フィエロ      M.デムーロ
  • カレンブラックヒル 秋山
  • レッドリヴェール  アッゼニ
  • ロゴタイプ     浜中
  • トーセンスターダム 武幸
  • サトノアラジン   ルメール
  • アルマワイオリ   勝浦

————- 出走ボーダー ————-

除外

  • サンライズメジャー
  • ヤマカツエース
  • テイエムタイホー
  • ミッキーオリビエ
  • グァンチャーレ

予想オッズ

  1. イスラボニータ    3.5
  2. フィエロ       4.2
  3. モーリス       4.5
  4. サトノアラジン    5.8
  5. アルビアーノ     11.5
  6. ダノンシャーク    14.0
  7. ヴァンセンヌ     18.5
  8. トーセンスターダム  20.5
  9. ロゴタイプ      24.0
  10. レッツゴードンキ   36.0
  11. レッドアリオン    63.2
  12. クラリティスカイ   66.6
  13. ケイアイエレガント  86.8
  14. ダイワマッジョーレ 112.2
  15. カレンブラックヒル 128.5
  16. レッドリヴェール  148.5
  17. リアルインパクト  238.8
  18. アルマワイオリ   250.0

イスラボニータが1番人気なら信頼 by 東スポ

マイルチャンピオンシップ 回避馬・別路線馬

  • ウリウリ     阪神Cへ
  • フラアンジェリコ 福島記念へ
  • フルーキー    チャレンジCへ
  • ミッキーアイル  香港国際競走へ
  • エイシンヒカリ  香港国際競走へ
  • エキストラエンド 左前脚の外傷
  • グランデッツァ  屈腱炎で引退
  • ダノンプラチナ  香港マイルへ

参考 香港国際競走2015 出走予定馬情報

出走辞退(外国馬)

  • エイロッド(イギリス、牡4)15年サマーマイルS(英G2)1着、サセックスS(英G1)2着
  • カスタムカット(イギリス、セン6)ソロナウェイS(愛G2)、サンダウンマイルS(英G2)
  • モンディアリスト(イギリス、牡5)15年ウッドバインマイル(カナダG1)
  • セーフティチェック(イギリス、牡4)15年ザビールマイル(ドバイG2)
  • エゾテリック(フランス、牝5)15年サンチャリオットS(英G1)、ジャックルマロワ賞(仏G1)
  • フィントリー(フランス、牝4)15年バートランドデュブレイユ賞(仏G3)
  • ミスフランス(フランス、牝4)15年ダニエルウィルデンシュタイン賞(仏G2)2着、14年英1000ギニー1着
  • メイクビリーブ(フランス、牡3)15年フォレ賞(仏G1)、プールデッセデプーラン(仏2000ギニー)
  • メマラ(フランス、牝3)15年リウレー賞(仏G3)

マイルチャンピオンシップ2015 出走予定馬情報

10月31日 スプリンターズS4着のミッキーアイル(牡4)は、マイルCSを回避することが決定。スプリント、マイルに登録済みの香港国際競走の選出を待つ。選ばれなかった場合は、12月26日の阪神Cを予定。

10月31日 これまでの先行力を生かすスタイルとは一転、控える競馬で鮮やかに差し切り、スワンSで重賞2勝目を挙げたアルビアーノ(牝3)は、優先出走権を獲得したマイルCSへ向かう。

10月30日 府中牝馬S9着のケイアイエレガント(牝6)は、マイルCSへ。尾形充調教師「年内引退が決まっているので、あともう1戦、ターコイズS(12月19日)を使うかどうかだね」

10月29日 富士S12着のヤングマンパワー(牡3)は、マイルCSへ。賞金除外の場合は、キャピタルSに参戦する。

10月29日 富士S2着のサトノアラジン(牡4)、16着のアルマワイオリ(牡3)、京成杯AH2着のエキストラエンド(牡6)は、マイルCSへ。

10月29日 富士S4着のシェルビー(牡6)は、マイルCSに登録するが、除外の場合はキャピタルSへ向かう。

10月28日 皐月賞11着以来、約半年ぶりの出走となった富士Sで、初対戦の古馬勢をまとめて差し切り快勝したダノンプラチナ(牡3)は、優先出走権を獲得したマイルCSへ向かう。

10月21日 秋華賞で3番人気17着に敗れたレッツゴードンキ(牝3)は雪辱を誓い、マイルCS出走を目標に調整を進める。

10月16日 毎日王冠出走を見送った今年の安田記念勝ち馬モーリス(牡4)は、マイルCSへ。

10月16日 昨年のマイルCS覇者で、始動戦の毎日王冠4着のダノンシャーク(牡7)は、マイルCS連覇を目指す。岩田騎手「馬はまだ健在。もう少し折り合いがついていたら、違っていた。次のマイルCSで期待したい。」

10月15日 七夕賞で3年4カ月ぶりに重賞を制したグランデッツァ(牡6)は、毎日王冠で11着。次走はマイルCSへ。

10月10日 マイルCSに予備登録した11頭の外国馬のうち、仏G1馬エゾテリック(牝5)など9頭が選出され、1頭が補欠となりました。

10月10日 スプリンターズS4着のミッキーアイル(牡4)は、選出されれば香港スプリント(12月13日、シャティン)に参戦。選出されない場合は阪神C(12月26日)が有力だが、マイルCSも視野に入れている。

9月24日 昨年の2歳王者ダノンプラチナ(牡3)は富士Sで復帰し、マイルCSへ。

9月17日 京成杯AH2着のエキストラエンド(牡6)は、マイルCSが目標で、レースを挟む可能性もある。

7月29日 中京記念7着のカレンブラックヒル(牡6)は、富士SからマイルCSへ。

7月22日 安田記念4着のフィエロ(牡6)の秋のローテは、昨年同様スワンSで始動し、昨年2着惜敗のマイルチャンピオンシップで悲願のG1制覇を目指す。(悲願のG1制覇というか、実は重賞もまだ未勝利ですけど;)

6月18日 NHKマイルカップを制したクラリティスカイ(牡3)は、秋の最大目標をマイルCSに設定。

無料競馬予想サイト
クローバーとわんこ

シェアしてください!(/≧∀≦)/

トップへ戻る