天皇賞秋 2015 出走予定馬情報

1番人気ラブリーデイが直線抜け出し完勝!4連勝で古馬の頂点へ
天皇賞秋2015は、1番人気ラブリーデイが優勝。今年重賞6勝&G1・2勝目と、まさに充実一途です。強かったですね。

※レース結果(着順表)とレース後のコメントはこの下にあるので参考にしてください!

天皇賞秋 前日オッズ、エイシンヒカリが4.1倍で1番人気
金曜日発売では3番人気だったエイシンヒカリが4.1倍の1番人気、2番人気はラブリーデイで4.3倍、3番人気は札幌記念勝ち馬で前走毎日王冠2着のディサイファで8.2倍、4番人気は3歳馬アンビシャスで8.6倍、ここ3年連続で優勝している単勝5番人気は、イスラボニータで10.3倍となっています。

※全出走馬の最新オッズ(11月1日 13時55分現在)はこの下にあるので参考にしてください!

福永騎手が落馬骨折、天皇賞秋は吉田豊騎手に乗り代わり
31日に行われたスワンS、最後の直線でローブティサージュが転倒し、福永祐一騎手が落馬。精密検査の結果、右肩鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折と診断され、天皇賞・秋のカレンミロティックは吉田豊騎手に乗り代わりとなりました。by デイリースポーツ
ゴール前の一番スピードに乗ったところでの落馬だったので心配でしたが、意識はハッキリしているらしいです。あれほどの落ち方で脱臼と骨折で済んだのなら、不幸中の幸いとも言えます。ケガは残念ですが、とにかく命に別状がなくてほんとによかったです。年内復帰絶望の可能性もあるのでつらいと思いますが、じっくりと治療して元気な姿でターフに戻ってきてくれるのを待ってます!

天皇賞秋の枠順が確定! ラブリーデイは4枠8番、エイシンヒカリは5枠9番
出馬表(枠順・騎手・父馬)と予想脚質はこの下にあるので参考にしてください!

ペルーサ、天皇賞秋の鞍上は柴山騎手
天皇賞秋に出走予定のペルーサの鞍上が、柴山騎手に決まりました。ペルーサは前走、ルメール騎手とのコンビで札幌日経オープンを逃げ切り、JRA新記録となる5年3カ月ぶりの勝利を挙げている。

ゴールドシップは天皇賞秋回避、ジャパンCで始動
秋の動向が注目されていたゴールドシップですが、天皇賞秋は回避して、ジャパンCと有馬記念の2走で引退することが決まりました。ジャパンCの鞍上は、引き続き横山典弘騎手。有馬記念の鞍上は未定とのことです。
須貝調教師「これまでのレース結果などを考えると、秋3戦では苦しがってしまう。天皇賞・秋を使うとメンテナンスが大変になるので、2戦に決めた」by デイリースポーツ

川田騎手が騎乗停止、ラブリーデイは浜中騎手に乗り代わり
川田騎手は、17日の京都2Rで内側に斜行し、10月24日から11月1日までの9日間、騎乗停止処分となりました。これにより、天皇賞秋で騎乗予定だったラブリーデイには乗れなくなり、浜中騎手に乗り代わりとなりました。

外国馬のフリーイーグルとリトルナイチンゲールが出走辞退
天皇賞・秋に選出されていた2頭の外国馬、フリーイーグルとリトルナイチンゲールが、共に出走を辞退しました。これにより、今年の天皇賞・秋の外国馬の出走はなくなりました。

トーホウジャッカル、体調が整わず天皇賞秋も回避
京都大賞典を回避して天皇賞秋に出走予定だった昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルですが、体調が整わないため、天皇賞秋も回避することになりました。次走は未定。谷調教師「状態が上向いてこない。将来のある馬だし、無理はしたくない。(今後については)オーナーと相談して決めます」 by サンケイスポーツ

オールカマー完勝のショウナンパンドラ、天皇賞秋へ参戦!
最後の直線、外に出してメンバー最速の末脚を繰り出し、内から先に抜け出した同世代のライバル・ヌーヴォレコルトを差し切ってオールカマーを完勝したショウナンパンドラは、天皇賞・秋へ参戦!

参考 スプリンターズステークス2016 出走予定馬情報

参考 凱旋門賞2016特集

参考 毎日王冠2016 出走予定馬情報

参考 京都大賞典2016 出走予定馬情報

参考 秋華賞2016 出走予定馬情報

参考 菊花賞2016 出走予定馬情報

参考 天皇賞秋2016 出走予定馬情報

第152回 天皇賞・秋(G1)

  • 2015年11月1日(日)
  • 15時40分発走
  • 東京競馬場
  • 芝2000m
  • 定量(3歳56kg、古馬58kg、牝馬2kg減)
  • フルゲート18頭
  • ゲストプレゼンターは、俳優の東出昌大さん

レース展望・見どころなどのリンクまとめ

天皇賞・秋 最新ナマ情報(11月1日) by サンケイスポーツ
天皇賞・秋 最新ナマ情報(10月31日) by サンケイスポーツ
天皇賞(秋)の調教ランキング by 競馬専門紙「優馬」
武豊エイシンヒカリの逃げが盾を狙う! 天皇賞秋出走馬一覧 by 競馬専門紙「優馬」
ラブリーデイがG1・2勝目に王手/天皇賞・秋の見どころ by netkeiba

天皇賞秋 当日の天気予報

11月1日10時発表の天気予報では、レース当日は「晴れ」です!
天皇賞秋は良馬場で行われる可能性が高いです!

東京競馬場周辺(東京都府中市)の天気予報 by Yahoo!天気

スポンサーリンク

天皇賞秋2015 レース結果・動画

天候:晴れ  芝:良

馬名騎手タイム着差通過順位脚質上3F人気オッズ
18ラブリーデイ浜中 俊1.58.404-04-04先行33.713.4
214ステファノス戸崎 圭太1.58.51/208-08-12差し33.41034.3
316イスラボニータ蛯名 正義1.58.63/412-11-10差し33.6611.7
415ショウナンパンドラ池添 謙一1.58.6ハナ14-14-12差し33.459.0
52アンビシャスM.デムーロ1.58.6クビ08-08-08差し33.748.7
65クラレント田辺 裕信1.58.81 1/401-01-02逃げ34.417122.5
710ペルーサ柴山 雄一1.58.93/414-14-15追込33.61595.6
81ディサイファ四位 洋文1.58.9クビ05-08-10差し33.938.3
99エイシンヒカリ武 豊1.59.11 1/402-02-01先行34.724.3
1017スピルバーグ北村 宏司1.59.2クビ16-16-15追込33.8823.1
1118アドマイヤデウス岩田 康誠1.59.2ハナ18-18-18追込33.416106.3
127ラストインパクト菱田 裕二1.59.2アタマ10-11-08差し34.3931.7
136カレンミロティック吉田 豊1.59.31/203-03-03先行34.81358.9
144ダコール三浦 皇成1.59.43/412-11-12差し34.318142.5
1512ダービーフィズC.デムーロ1.59.4ハナ16-16-15追込34.11248.6
1611ワンアンドオンリー内田 博幸1.59.51/205-04-04先行34.71135.6
173サトノクラウンC.ルメール1.59.92 1/205-04-04先行35.1712.5
1813ヴァンセンヌ横山 典弘2.00.32 1/211-04-04先行35.51463.5

【ペース】:スローペース

  • 前半3F:36.4秒
  • 後半3F:34.0秒
  • 前半5F:60.6秒
  • 後半5F:57.8秒

レース後のコメント

1着 ラブリーデイ(1番人気)

浜中騎手「馬が充実していて、闘志や自信がついているなと感じました。4角で手応えが良過ぎたので、まだ追っては駄目だと自分に言い聞かせていました。後続馬が詰めて来たのも分かっていた。持ってくれと思って追っていました」

池江調教師「筋肉の量が増えた。トモ(後肢)が父キングカメハメハのように鋼のような四角い形になって、今日装鞍所で見たら肩にも筋肉が付いた」「まだ先もあるのでそんなに仕上げていなかったが、秋2戦目としては十分な状態でした」

2着 ステファノス(10番人気)

戸崎騎手「返し馬からいい雰囲気で、レースもいい場所にはまって運べた。ただ、3~4コーナーで内から押し出される形になり、外を回らされたのが痛かった」

3着 イスラボニータ(6番人気)

蛯名騎手「外枠(16番)のハンデをなくす乗り方を心掛けた。うまく運べたが、枠順が最後まで響いた。位置を取りに行けば、外を回らされるので…。馬は頑張った」

4着 ショウナンパンドラ(5番人気)

池添騎手「状態はすごく良かった。スタートも出してはいるけど、枠の差で2コーナーで後ろになってしまった。外々を回らされて。力は出してくれているけど、悔しい」

8着 ディサイファ(3番人気)

四位騎手「1コーナーで前をカットされ、後ろからもぶつけられてカーッとなったのは確か。それでもロスなく回れたが…」

9着 エイシンヒカリ(2番人気)

武豊騎手「枠の差もあったけど、前回ほどのダッシュがつかず、内の馬が行く形になった。ただ、あまり掛からなかったし、2番手でもレースは全く問題なかった」「直線でも一度も先頭に立てなかった。うーん、これがG1の壁なのかもしれない。これから、もう一度頑張ります」

その他の出走馬の関係者コメントはこちら(外部サイト) by スポニチ

スポンサーリンク

単勝オッズ(人気順)

※単勝オッズは、11月1日 13:55 現在

人気馬番馬名単勝
19エイシンヒカリ3.8
28ラブリーデイ4.0
31ディサイファ9.1
32アンビシャス9.1
515ショウナンパンドラ10.4
616イスラボニータ11.1
73サトノクラウン11.8
817スピルバーグ21.5
97ラストインパクト27.5
1011ワンアンドオンリー29.7
1114ステファノス31.0
1212ダービーフィズ41.8
1313ヴァンセンヌ53.0
146カレンミロティック55.2
1510ペルーサ75.3
1618アドマイヤデウス82.0
175クラレント97.3
184ダコール104.5

枠順(出馬表)と予想脚質

天皇賞秋2015の枠順が確定しました。以下の通りです。
※脚質は予想です。

馬番馬名騎手脚質
11ディサイファ四位 洋文ディープインパクト先行
12アンビシャスM.デムーロディープインパクト差し
23サトノクラウンC.ルメールMarju差し
24ダコール三浦 皇成ディープインパクト追込
35クラレント田辺 裕信ダンスインザダーク先行
36カレンミロティック吉田 豊ハーツクライ先行
47ラストインパクト菱田 裕二ディープインパクト差し
48ラブリーデイ浜中 俊キングカメハメハ先行
59エイシンヒカリ武 豊ディープインパクト逃げ
510ペルーサ柴山 雄一ゼンノロブロイ追込
611ワンアンドオンリー内田 博幸ハーツクライ先行
612ダービーフィズC.デムーロジャングルポケット差し
713ヴァンセンヌ横山 典弘ディープインパクト追込
714ステファノス戸崎 圭太ディープインパクト差し
715ショウナンパンドラ池添 謙一ディープインパクト差し
816イスラボニータ蛯名 正義フジキセキ先行
817スピルバーグ北村 宏司ディープインパクト追込
818アドマイヤデウス岩田 康誠アドマイヤドン差し

枠順別成績(枠の有利・不利)

天皇賞秋(東京芝2000m)は、基本的に内枠有利・外枠不利です。
過去8年間のデータを見てみると、1枠と2枠から勝ち馬4頭、1枠は連対率25%で3着内率31.3%と、内枠の馬はかなりの好成績です。
逆に、8枠の馬は「0-0-0-23」と3着内率0%で完全に死に枠。
7枠の馬も3着内率9.5%、連対したのは2008年に優勝したウオッカのみで、実力馬でないと厳しい結果に。

内寄りの3枠がなぜか連対率0%ですが、理由は分かりませんw

枠番成績勝率連対率3着内率
1枠2-2-1-1112.5%25.0%31.3%
2枠2-1-0-1312.5%18.8%18.8%
3枠0-0-3-130%0%18.8%
4枠1-3-2-106.3%25.0%37.5%
5枠0-2-0-140%12.5%12.5%
6枠2-0-1-1312.5%12.5%18.8%
7枠1-0-1-194.8%4.8%9.5%
8枠0-0-0-230%0%0%

確定した枠順についての陣営のコメント(一部抜粋)

1番 ディサイファ
「東京の2000mはなるべく内の方が良かったですし、最内枠なら最短コースを取って競馬ができますね。状態はとても良いですよ」

2番 アンビシャス
「偶数はいい。調教師も喜んでいます。相変わらず元気がいいですよ」

3番 サトノクラウン
「決まった枠で、ジョッキーとしっかり対策を立てていきます」

4番 ダコール
「内の偶数とは、いい枠ですね。切れ味が生かせるような良馬場がいいですね」

5番 クラレント
「この馬は内枠の方がいいと思っていたので、良かった。ムキになっていくことなく内でスッと好位につけてレースを運べればいいですね」

7番 ラストインパクト
「できれば偶数枠が良かったけど極端な外枠ではなかったので、まぁいいんじゃないか」

8番 ラブリーデイ
「真ん中でいい位置ですね。外に行くよりは全然良かったです。しかも偶数枠。レースしやすそうですね」

9番 エイシンヒカリ
「ラッキーですね。一番いい枠を引いた。逃げ馬だからしんどいだろうけど、そこそこのペースで逃げても残り100m手前まで見せ場はつくれるだろう。追い切り後のカイバ食いもいい。かつては疲労回復に苦労した馬だけど、今は元気いいですよ」

10番 ペルーサ
「枠は特に気にしていませんでした。真ん中で後入れ(偶数枠)なので良かったのではないかと思います」

11番 ワンアンドオンリー
「外枠は嫌だったので、外過ぎずにちょうどいい枠じゃないかな。エイシンヒカリ、カレンミロティックあたりが前に行くだろうから、2頭を見ながらじっくり競馬ができるんじゃないでしょうか」

12番 ダービーフィズ
「若干外ですけど、極端な外枠ではないですし、ここなら周りを見ながら行けますね」

15番 ショウナンパンドラ
「どの枠も有利不利はあります。与えられた枠でレース後にいい枠で勝ったと言えるといいですね」

16番 イスラボニータ
「外枠だけど、仕方ないですね。競馬が上手な馬ですから…。」

17番 スピルバーグ
「もう少し内が欲しかったですが、1回使って状態は上がってきています。前走は展開も馬場も向きませんでしたので、流れに乗れるかどうかですね」

天皇賞(秋)枠順コメント by netkeiba.com

スポンサーリンク

天皇賞秋 2015 出走予定馬・想定騎手

現在、天皇賞秋に出走を予定している馬と想定騎手です。
※想定騎手は変更になる場合があります。

天皇賞秋2015の登録馬は、以下の21頭です。
オールカマー、毎日王冠、京都大賞典の1着馬と、レーティング上位5頭に優先出走権が与えられます。
【参考】天皇賞(秋)登録馬のレーティング順位(JRAのホームページ)

優先出走権と賞金を考慮すると、現時点では以下のようにペルーサまでの18頭が出走可能で、出走順19位のトーセンスターダムと20位のマイネルフロストが除外対象です。

今後また情報が入れば更新していこうと思います。

天皇賞秋 優先出走権(6頭)

  • ショウナンパンドラ 池添
  • エイシンヒカリ   武豊
  • ラブリーデイ    浜中
  • スピルバーグ    北村宏
  • ワンアンドオンリー 内田博
  • ラストインパクト  菱田

賞金順(12頭)

  • ディサイファ    四位
  • イスラボニータ   蛯名
  • ヴァンセンヌ    横山典
  • カレンミロティック 福永 →吉田豊
  • ステファノス    戸崎圭
  • クラレント     田辺
  • アドマイヤデウス  岩田
  • ダコール      三浦
  • サトノクラウン   ルメール
  • ダービーフィズ   C.デムーロ
  • アンビシャス    M.デムーロ
  • ペルーサ      柴山

————- 出走ボーダー ————-

除外対象

  1. トーセンスターダム
  2. マイネルフロスト

除外対象で補欠1位だったヤマカツエースは、富士Sに出走したため回避濃厚です。

出走ボーダーの目安となる賞金順位表はこの下にあるので、参考にしてください。

予想オッズ

  1. ラブリーデイ     3.3
  2. エイシンヒカリ    4.9
  3. ディサイファ     6.2
  4. アンビシャス     7.2
  5. イスラボニータ    7.5
  6. ショウナンパンドラ  8.5
  7. サトノクラウン    13.2
  8. スピルバーグ     17.2
  9. ステファノス     21.6
  10. ダービーフィズ    50.5
  11. ラストインパクト   52.5
  12. ヴァンセンヌ     53.0
  13. ワンアンドオンリー  56.8
  14. カレンミロティック  76.2
  15. クラレント     108.7
  16. アドマイヤデウス  138.2
  17. ペルーサ      150.8
  18. ダコール      367.8

優先出走賞金順位表

現時点で天皇賞秋に出走を予定している馬の賞金順位表を作ってみました。
天皇賞秋の優先出走順は、「収得賞金」ではなく「出走馬決定賞金」の順位で決まります。
出走馬決定賞金の計算は、かなり複雑というか面倒です。

1頭ずつ自分で賞金を手計算したので、どこかで計算ミス等ある可能性が高いです(^^;)
間違ってたらすみません…。参考程度にお願いします!

10月12日 京都大賞典終了時点の賞金順位

「優」:天皇賞・秋の優先出走権を獲得した馬

馬名出走馬決定賞金収得賞金
ショウナンパンドラ13,6255,925
エイシンヒカリ14,1007,650
ラブリーデイ45,47520,225
4スピルバーグ23,0759,875
5ディサイファ17,85011,150
6ワンアンドオンリー17,8257,825
7イスラボニータ17,1758,325
8ヴァンセンヌ16,0507,500
9ラストインパクト11,3008,300
10カレンミロティック10,7508,100
11ステファノス10,4003,620
12クラレント10,00010,000
13アドマイヤデウス9,9253,925
14ダコール9,3006,100
15サトノクラウン8,8004,600
16ダービーフィズ7,9754,475
17アンビシャス7,5003,750
18ペルーサ6,6505,450
19ヤマカツエース6,6003,500
20トーセンスターダム5,7002,740
21マイネルフロスト3,3002,100

天皇賞秋 回避馬、別路線馬

  • キズナ       屈腱炎で引退
  • デニムアンドルビー 屈腱炎で休養
  • トーホウジャッカル 体調が整わないため
  • パッションダンス  金鯱賞へ
  • ヌーヴォレコルト  エリザベス女王杯へ
  • アズマシャトル
  • グランデッツァ   マイルCSへ
  • モーリス      マイルCSへ
  • サウンズオブアース ジャパンカップへ
  • ラキシス      エリザベス女王杯へ
  • マーティンボロ   金鯱賞へ
  • ゴールドシップ   ジャパンカップへ
  • ヒットザターゲット ジャパンカップを目標

【参考】エリザベス女王杯2015の出走予定馬の詳細ページはこちら

【参考】マイルチャンピオンシップ2015の出走予定馬の詳細ページはこちら

【参考】ジャパンカップ2015の出走予定馬の詳細ページはこちら

【参考】有馬記念2015の出走予定馬の詳細ページはこちら

天皇賞秋 出走予定馬情報

10月9日 札幌記念6着のラストインパクト(牡5)は、天皇賞・秋へ。来年2月に定年を迎える松田博資調教師のラストシーズン。

10月8日 札幌記念2着のヒットザターゲット(牡7)は、天皇賞・秋に直行。重賞4勝の古豪が悲願のG1獲りに挑む。

9月18日 天皇賞・秋に、フリーイーグル(牡4、アイルランド)と、リトルナイチンゲール(牝3、フランス)の2頭の外国馬が予備登録し、選出されました。フリーイーグルは今年のプリンスオブウェールズS(英G1)勝ち馬で、前走の愛チャンピオンSでは大きな不利を受けながらも3着に好走。リトルナイチンゲールはクレオパトル賞(仏G3)の勝ち馬で、ディアヌ賞(仏オークス)は3着。

9月16日 新潟記念1着のパッションダンス(牡7)は、当初予定していた天皇賞・秋は回避し、金鯱賞(12月5日)に目標変更。

9月9日 札幌記念4着のヤマカツエース(牡3)は、毎日王冠出走を視野に入れるも、状態次第で天皇賞・秋へ直行。

9月9日 安田記念2着のヴァンセンヌ(牡6)は、横山典騎手とのコンビで毎日王冠をステップに天皇賞・秋を目指す。

9月9日 新潟記念6着のダコール(牡7)は、三浦騎手とのコンビで天皇賞・秋へ。

9月3日 プリンスオブウェールズS(英G1)6着のスピルバーグ(牡6)は、天皇賞・秋を目標。

9月3日 札幌日経オープンをレコードで逃げ切り、約5年ぶりの勝利を挙げたペルーサ(牡8)は、天皇賞・秋を目標。

9月2日 昨年の菊花賞馬で、札幌記念8着のトーホウジャッカル(牡4)の秋のローテーションは流動的。谷調教師「札幌記念を見る限り、2000mでは短い気もするし、天皇賞・秋を使うかは未定。京都大賞典からジャパンカップという選択肢もあるし、馬の様子を見ながら考えたい」

8月24日 札幌記念3着のダービーフィズ(牡5)は放牧に出され、今後は天皇賞秋を目標に、オールカマーを挟むか検討される。

8月24日 札幌記念を制したディサイファ(牡6)の秋のローテーションは、昨年同様に毎日王冠から天皇賞・秋を目指す。昨年は天皇賞秋12着、ジャパンカップ15着とG1の壁にはね返されたが、成長し本格化した今年は昨年の雪辱を果たす。

8月14日 秋は国内専念、年内4走を明言している今年の宝塚記念の勝ち馬ラブリーデイ(牡5)は、京都大賞典で始動。ジョッキーは引き続き川田騎手。その後は、天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念と、古馬王道ローテを歩む。

8月12日 小倉記念を制したアズマシャトル(牡4)は、「夏は無理させたくない」(加用師)との理由で新潟記念を見送り、天皇賞・秋を目指す。

8月12日 天皇賞・春(15着)後に右第1指骨剥離骨折が判明したアドマイヤデウス(牡4)は、天皇賞・秋で戦列に復帰。鞍上は引き続き岩田騎手の予定。橋田調教師「骨折した箇所は大したことなかったし、もう放牧先で乗っている。天皇賞から始動してジャパンC、有馬記念と使いたい」

7月25日 クイーンエリザベス2世C2着後、休養しているステファノス(牡4)は、毎日王冠から天皇賞・秋に向かう。鞍上は戸崎騎手。

7月16日 左前脚の球節不安で休養している昨年の皐月賞馬イスラボニータ(牡4)は、毎日王冠で復帰する見通し。球節の不安も収まり、放牧先の山元トレセン(宮城県)ですでに運動を再開。9月上旬に美浦トレセンに帰厩する。栗田博調教師「順調に回復し、山元トレセンで乗りだしている。毎日王冠から天皇賞・秋を目指したい」

7月14日 七夕賞を制したグランデッツァ(牡6)は、宮城・山元トレセンに放牧。平田調教師「夏は休ませる。秋の始動戦についてはジョッキーの兼ね合いもあるからね。天皇賞・秋かマイルCSが目標になる」

7月6日 アンビシャス(牡3)は、グレード制が導入された84年以降のラジオNIKKEI賞で最大着差となる3馬身半差で完勝し、重賞初勝利を飾った。秋は菊花賞ではなく中距離路線を歩む予定で、毎日王冠から天皇賞・秋を視野に入れている。

無料競馬予想サイト
クローバーとわんこ

シェアしてください!(/≧∀≦)/

トップへ戻る