天皇賞春 2016 出走予定馬情報

天皇賞春の枠順が確定! ゴールドアクターは8枠17番、キタサンブラックは1枠1番

出馬表(枠順・騎手・父馬)はこの下にあるので参考にしてください!

M.デムーロ騎手が騎乗停止、サウンズオブアースは藤岡佑騎手に乗り替わり

第153回 天皇賞・春(G1)

日程2016年5月1日(日)
発走時間15時40分
開催3回京都4日 11R
競馬場京都競馬場
距離芝3200m・右・外
出走条件サラ系4歳以上オープン
負担重量定量(牡馬58kg、牝馬56kg)
フルゲート18頭

天気予報

4月29日17時00分発表の天気予報では、天皇賞春のレース当日は「晴れ」、降水確率10%です。

京都競馬場の天気予報 by Yahoo!天気

京都競馬場の馬場情報 by JRA

スポンサーリンク

天皇賞春 2016 レース結果・動画

逃げた武豊キタサンブラック、ゴール前差し返して4センチ差戴冠!

天候:晴れ  芝:良

馬名騎手着差通過順位上3F人気オッズ
11キタサンブラック武 豊3.15.301-01-01-0135.024.5
23カレンミロティック池添 謙一ハナ03-03-03-0334.81399.2
38シュヴァルグラン福永 祐一1 1/409-09-11-0934.536.4
411タンタアレグリア蛯名 正義1/214-14-14-1334.31029.1
59トーホウジャッカル酒井 学クビ09-09-07-0334.9717.4
610アルバートC.ルメール1 1/412-12-14-1334.569.9
77ファタモルガーナ内田 博幸ハナ12-12-12-1334.816160.3
85フェイムゲームH.ボウマンクビ15-16-17-1634.447.4
96アドマイヤデウス岩田 康誠クビ06-06-07-0635.11130.9
1018レーヴミストラル川田 将雅1/218-18-18-1834.4827.6
1114サトノノブレス和田 竜二クビ11-09-12-0934.91248.5
1217ゴールドアクター吉田 隼人1/207-07-04-0235.613.8
132トゥインクル勝浦 正樹615-14-07-0936.2927.7
1416ファントムライト三浦 皇成3 1/217-16-14-1636.415149.1
1515サウンズオブアース藤岡 佑介504-04-04-0637.858.3
1613マイネルメダリスト柴田 大知クビ04-04-04-0837.818255.2
1712ヤマニンボワラクテ丸山 元気1 3/402-02-02-0338.417202.4
184トーセンレーヴ武 幸四郎3 1/207-07-07-1238.514133.8
スポンサーリンク

レース後のコメント(騎手・調教師)

1着 キタサンブラック(2番人気)

武豊騎手
「ゲートの駐立がそれほど得意じゃないので、作戦はスタートを出てから決めようと思っていた。スッと出てくれたので逃げようと。すべて思い通りにいけた。後ろとの距離はわかっていたし、前に出られたけど、まだ(余力が)残っている感じがした。多分勝っているとは思ったけど、際どいので写真判定まではドキドキしていた。オーナーとハグしたときは、お互い言葉にならなかった」

清水久調教師
「いい意味で緩さがあって、まだまだ成長の余地がある。どの条件でも結果を出してセンスのある馬ですから」

北島三郎オーナー
「泣きました。涙が出ました。本当に、ただただ感謝でいっぱいです。旭日小綬章もいただいたうえに、重みのある天皇賞・春まで取らせていただいて感無量です。普通は軽くても雰囲気で重く感じるものだけど、今日(の天皇盾)は本当に重かった。重さとありがたさでいっぱい。今日まで生きてきてよかった」

2着 カレンミロティック(13番人気)

池添騎手
「キタサン(ブラック)が逃げてくれたので、その後ろでリズムよく運べた。完璧な騎乗ができたし、馬もそれに応えてくれた。いったん、クビほど前に出たんだけど」

平田調教師
「最高の展開になったけど、ここまでやれるとはね。敗れたのは残念だが、相手もGI馬だから」

3着 シュヴァルグラン(3番人気)

福永騎手
「ある程度、この(遅い)流れは想定していたけど、動けるポジションを取れずに内で我慢するしかなかった。初の58キロでも頑張ったし、厳しい状況のなか伸びてくれた。コンディションも良くて、十分いける手応えはあったけど…」

友道調教師
「初めてのG1だったし、悲観する内容ではなかった」

5着 トーホウジャッカル(7番人気)

酒井騎手
「夢を見ましたけどね。ゴールドアクターの後ろで絶好の展開。最後は苦しがって内にもたれましたが、復調を感じさせてくれました。このまま無事なら次が相当に楽しみです」

6着 アルバート(6番人気)

ルメール騎手
「スタートが遅く後方からになりましたが、スムーズに運べた。最後もしっかり伸びてくれました」

12着 ゴールドアクター(1番人気)

吉田隼騎手
「カリカリして気の入りやすい馬だけど、今日が一番ひどかった。いいスタートを切っても、外を回される枠(17番)だったので…。3コーナーから動いて大丈夫かな?と思ったが、追って反応がなかった。これだけ馬場がいいと、内めを通れないと厳しい。結果的に内を通った馬が上位に来た競馬。枠の有利、不利が大きかった」

中川公成調教師
「枠なりのうまい競馬をしたけど。イレ込んだのも原因だし、距離もあるかな」

15着 サウンズオブアース(5番人気)

藤岡佑騎手
「外枠なりに思った通りの競馬はできました。折り合いもついて理想的でしたが、思った以上に早く手応えがなくなった。本質的にはもう少し短い距離の方がいいのかも知れません。すいませんでした」

スポンサーリンク

その他の出走馬の騎手のコメントはこちら by スポニチ

単勝オッズ(人気順)・馬体重

※単勝オッズは、5月1日 15:35 現在

人気馬番馬名単勝馬体重
117ゴールドアクター3.7490(-4)
21キタサンブラック4.4524(0)
38シュヴァルグラン6.3468(-2)
45フェイムゲーム7.7460(-10)
515サウンズオブアース8.4502(-4)
610アルバート10.4462(-2)
79トーホウジャッカル17.2492(-12)
82トゥインクル27.1466(-2)
918レーヴミストラル27.9490(-8)
1011タンタアレグリア28.1476(-2)
116アドマイヤデウス31.0490(0)
1214サトノノブレス47.2514(-2)
133カレンミロティック96.8458(-2)
144トーセンレーヴ126.5492(+10)
1516ファントムライト140.7494(0)
167ファタモルガーナ150.1492(+6)
1712ヤマニンボワラクテ187.7478(+4)
1813マイネルメダリスト236.7490(-2)

天皇賞春2016 枠順(出馬表)

天皇賞春2016の枠順が確定しました。騎手・父馬などの出馬表は以下の通りです。

馬番馬名騎手父馬
11キタサンブラック武 豊ブラックタイド
12トゥインクル勝浦 正樹ステイゴールド
23カレンミロティック池添 謙一ハーツクライ
24トーセンレーヴ武 幸四郎ディープインパクト
35フェイムゲームH.ボウマンハーツクライ
36アドマイヤデウス岩田 康誠アドマイヤドン
47ファタモルガーナ内田 博幸ディープインパクト
48シュヴァルグラン福永 祐一ハーツクライ
59トーホウジャッカル酒井 学スペシャルウィーク
510アルバートC.ルメールアドマイヤドン
611タンタアレグリア蛯名 正義ゼンノロブロイ
612ヤマニンボワラクテ丸山 元気キングカメハメハ
713マイネルメダリスト柴田 大知ステイゴールド
714サトノノブレス和田 竜二ディープインパクト
715サウンズオブアース藤岡 佑介ネオユニヴァース
816ファントムライト三浦 皇成オペラハウス
817ゴールドアクター吉田 隼人スクリーンヒーロー
818レーヴミストラル川田 将雅キングカメハメハ

天皇賞春 過去10年の枠番別成績

枠番1着2着3着4下勝率連対率複勝率
4121221.1%26.3%36.8%
012160.0%5.3%15.8%
2011710.0%10.0%15.0%
2001810.0%10.0%10.0%
010190.0%5.0%5.0%
123145.0%15.0%30.0%
021230.0%7.7%11.5%
131233.6%14.3%17.9%

天皇賞春 最終追い切り・調教情報

ゴールドアクター

吉田隼騎手を背に、美浦Wコースで併せ馬。
トーセンアーネスト(4歳1000万下)を約2馬身追走し、併入ゴール。
5F 68.1 53.3 39.0 13.0

中川調教師「1週前にしっかりと負荷をかけているから直前はこれで十分。リラックスして走れていたし、いいフットワークで駆けていた」

吉田隼騎手「予定通りの時計だし、何の問題もありませんね。トモ(後肢)の緩さがなくなって堂々としている」

キタサンブラック

黒岩騎手を背に、栗東CWで併せ馬。
クールヤシャマル(3歳未勝利)を外から3馬身追走し、首差遅れ。
6F 81.7 38.9 12.8

清水久調教師は「イメージ通り、順調にきています。自在性があって競馬が上手なので、京都の3200メートルでも全く心配していません。いい仕上がりで臨めると思います」

シュヴァルグラン

福永騎手を背に、栗東CWで併せ馬。
アドマイヤカーリン(8歳1000万下)を追走し、1馬身先着。
6F 84.6 38.9 12.4

福永騎手「最後の1ハロンだけ、脚を伸ばす形。ちょうどいい負荷がかかったと思う。稽古でいいという馬ではないけど、僕が乗った中では一番いい動きでしたね。前走(阪神大賞典=1着)で非常に高い距離適性を見せてくれた。有力馬に先行型が多いので、スタートがカギ。うまく決めて有力馬とどういう位置関係で競馬ができるかが重要」

サウンズオブアース

藤岡佑騎手を背に、栗東CWで併せ馬。
アンバーグリスキー(古馬500万下)を2馬身追走し、7馬身先着。
6F 80.0 38.6 12.2

藤岡調教師「弱さが解消されたことで反動の心配はなく、今回は併せ馬をびっしりやって体を絞った。距離延長やコース替わりなど、条件が好転することで逆転は十分に可能とみている」

藤岡佑騎手「気を抜かさないようにしっかり追えという指示。全体の時計も速く、相手を引き離した。すごく良かった」

トーホウジャッカル

酒井騎手を背に、栗東坂路で併せ馬。
ダンツエイコウ(3歳500万下)を2馬身追走し、クビ差先着。
4F 52.9 13.2

酒井騎手「抜け出してからフワッとしてしまったけど、相手にかわされてからステッキを入れたら、まだグッと追いかけて行ったあたりは良かったですね。2週続けて乗ってしっかり負荷はかけられたと思う。前哨戦(阪神大賞典=7着)を叩いてレースに使えるのは久々ですから、上積みはあると思います」

アルバート

美浦南ウッドで単走。
5F 69.3 39.7 12.6

橋本助手「前走(日経賞=4着)は休み明けの分反応が鈍かったが、今回はだいぶ良くなっている。距離延長は歓迎。前走の勝ち馬(ゴールドアクター)は本当に強かったが、しまいは同じ脚いろ。1回使って良くなっているし、不向きなヨーイドンの競馬にさえならなければ上位争いできる」

天皇賞春 1週前追い切り・調教情報

ゴールドアクター

吉田隼騎手を背に、美浦Wコース(重)で3頭併せ。
先行したトーセンアーネスト(4歳1000万)、ドンチャブ(3歳500万)を追い掛けて、2馬身先着。
6F 81.7 37.2 12.2

吉田隼騎手「1回叩いて折り合い面は良くなっている。使うごとにパワーアップしている。切れ味も増している」

中川調教師「来週は長距離輸送もあるしね。この前は切れ負けするかと思ったが勝ってくれた。上積みは相当ある」

キタサンブラック

黒岩騎手を背に、栗東CW(良)で併せ馬。
2馬身先行したジョーアラタ(4歳1000万下)を追走し、併入ゴール。
6F 80.2 37.8 12.4(馬なり)

黒岩騎手「追い切った後もケロッとしているし、いい状態をキープできています。落ち着いているのはいいですね」

清水久調教師「ある程度はしっかりやりたかったのでちょうどいい感じ。上積みもあるでしょう。掛かることはないので3200メートルはまったく心配してません」

トーホウジャッカル

酒井騎手を背に、栗東坂路(良)で併せ馬。
3馬身先行したダンツエイコウ(3歳500万下)を追走し、3馬身半先着。
4F 52.7 38.1 12.7

酒井騎手「すぐに反応したし、体を沈ませて、まっすぐ走っていた。良くなかった頃は、走りがゆがんでいた。ようやくです、久々の感触」
谷調教師「反応が良く、真っすぐに坂を上がってきた。体が締まってきた感じ。今度はこの馬をよく分かっている学(酒井騎手)が乗るしね」

シュヴァルグラン

藤岡佑騎手を背に、栗東CW(良)で併せ馬。
10馬身以上先行したマディディ(3歳オープン)を追走し、半馬身先着。
6F 84.4 12.3

藤岡佑騎手は「しっかり負荷がかかったし、いい追い切りができました。乗りやすく、息の入りがすごく良かった。さすが長距離馬という感じ」

友道調教師「前走は折り合いがついたし、最後も伸びた。長距離適性を示したね」

サウンズオブアース

栗東CW(良)で併せ馬。
6F 84.8 38.5 11.6

藤岡調教師「予定よりも時計は遅くなったので、来週に修正したい」

アルバート

美浦Wコース(稍重)で3頭併せ。
リードホースを務め、レーヴァテイン(3歳オープン)、サトノメサイア(4歳1000万下)の2頭と併入ゴール。
5F 68.7 39.1 12.3

橋本助手「在厩でレースから逆算してやっていますが、いたって順調です。休み明けを使って反応が鋭くなっていますね」

無料競馬予想サイト

予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ゴールドアクター2.5
2キタサンブラック3.8
3シュヴァルグラン5.2
4サウンズオブアース9.8
5トーホウジャッカル15.0
6アルバート18.0
7フェイムゲーム22.0
8タンタアレグリア35.0
9トゥインクル48.0
10アドマイヤデウス50.0
11レーヴミストラル52.0
12サトノノブレス65.0
13カレンミロティック150.0
14ファタモルガーナ180.0
15トーセンレーヴ200.0
16ファントムライト220.0
17マイネルメダリスト300.0
18ヤマニンボワラクテ400.0

天皇賞春 予想データ分析

単勝人気

人気1着2着3着4下勝率連対率複勝率
1番人気101810.0%10.0%20.0%
2番人気421340.0%60.0%70.0%
3番人気140510.0%50.0%50.0%
4番人気121610.0%30.0%40.0%
5番人気00280.0%0.0%20.0%
6~9112362.5%5.0%10.0%
10以下213762.4%3.7%7.3%

過去10年で、1番人気の勝利は2006年のディープインパクトのみ。
オルフェーヴル、ゴールドシップ、キズナなどの名馬でも1人気を裏切っており、1番人気の信頼度はかなり低いレースです。
過去10年で4勝を挙げている2番人気が優秀な成績を残しています。

枠順の有利不利

枠番1着2着3着4下勝率連対率複勝率
4121221.1%26.3%36.8%
012160.0%5.3%15.8%
2011710.0%10.0%15.0%
2001810.0%10.0%10.0%
010190.0%5.0%5.0%
123145.0%15.0%30.0%
021230.0%7.7%11.5%
131233.6%14.3%17.9%

過去10年で、1枠の馬が4勝。連対率、複勝率ともにトップです。
2009年のマイネルキッツ(12番人気)、2012年のビートブラック(14番人気)など、2ケタ人気の人気薄馬でも1枠から優勝しています。
3枠と4枠からも2勝ずつ出ており、勝ち馬に関しては内枠有利の傾向となっています。
ただ、連対率と複勝率は6枠・8枠の外枠の馬も優秀な成績を残しています。

脚質

脚質1着2着3着4下勝率連対率複勝率
逃げ101117.7%7.7%15.4%
先行5642313.2%28.9%39.5%
差し445635.3%10.5%17.1%
追込000440.0%0.0%0.0%

過去10年で、先行馬が5勝。連対率・複勝率ともにトップです。
追い込み馬は、過去10年で馬券圏内ゼロ。
過去10年では、2012年にビートブラック(14番人気)が唯一、逃げ切り勝ちを決めていますが、ほぼ先行と差しで決着するレースと言えると思います。

参考 大阪杯2016 レース結果・動画

参考 阪神大賞典2016 レース結果・動画

参考 日経賞2016 レース結果・動画

参考 京都記念2016 レース結果・動画

参考 NHKマイルカップ2016 出走予定馬情報

参考 ヴィクトリアマイル2016 出走予定馬情報

参考 オークス2016 出走予定馬情報

参考 日本ダービー2016 出走予定馬情報

参考 安田記念2016 出走予定馬情報

参考 宝塚記念2016 出走予定馬情報

参考 有力古馬次走まとめ 2016(春)

天皇賞春 2016 出走予定馬・登録馬・想定騎手

現在、天皇賞春2016に出走を予定している馬と想定騎手です。
※想定騎手は変更になる可能性があります。
天皇賞春の登録馬は、以下の19頭です。

阪神大賞典1着馬、日経賞1着馬、レーティング順位の上位5頭に天皇賞春の優先出走権が与えられます。
※大阪杯1着馬にも優先出走権が与えられますが、アンビシャスは登録がありませんでした。

今後また情報が入れば、随時更新していこうと思います。

優先出走権(6頭)

  • シュヴァルグラン  福永
  • ゴールドアクター  吉田隼
  • キタサンブラック  武豊
  • サウンズオブアース 藤岡佑
  • フェイムゲーム   ボウマン
  • トーホウジャッカル 酒井

賞金順で出走可能(12頭)

  • レーヴミストラル  川田
  • カレンミロティック 池添
  • アルバート     ルメール
  • サトノノブレス   和田
  • トーセンレーヴ   武幸
  • トゥインクル    勝浦
  • タンタアレグリア  蛯名
  • マイネルメダリスト 柴田大
  • ファタモルガーナ  内田博
  • ファントムライト  三浦
  • アドマイヤデウス  岩田
  • ヤマニンボワラクテ 丸山

————- 出走ボーダー ————-

除外対象

  • マドリードカフェ

回避馬・別路線馬

  • ショウナンパンドラ ヴィクトリアマイル
  • ヌーヴォレコルト  香港クイーンエリザベス2世C(4月24日)
  • ラブリーデイ    香港クイーンエリザベス2世C(4月24日)
  • リアファル     左前脚腱鞘炎で休養中
  • ヒットザターゲット 目黒記念

天皇賞春2016 出走予定馬情報

4月23日 天皇賞・春と新潟大賞典の両にらみだったヤマニンボワラクテ(セン5)は、鞍上・丸山元気騎手で天皇賞・春に出走予定。
松永幹調教師「新潟記念も考えていましたが、オーナーと相談して出走できそうなので使うことになりました。ジョッキーは丸山騎手にお願いしました」

4月20日 首を寝違えて歩様が乱れ、天皇賞・春を回避すると報じられていたレーヴミストラルですが、症状は軽かったそうで、このまま順調なら天皇賞・春に出走する見込みだそうです。by 日刊スポーツ

4月20日 天皇賞・春に登録したヤマニンボワラクテ(セン5)は、新潟大賞典(5月8日)と両にらみ。

4月17日 皐月賞の最後の直線で、リオンディーズが外に斜行してエアスピネルの進路を妨害。これにより、騎乗したミルコ・デムーロ騎手は4月23日から5月1日まで、JRA開催日4日間の騎乗停止処分となり、天皇賞・春で騎乗予定だったサウンズオブアース(牡5)は藤岡佑介騎手に乗り替わりとなります。by 日刊スポーツ

4月7日 阪神大賞典6着のカレンミロティック(セン8)は、鞍上・池添騎手で天皇賞・春へ。京都記念9着のトーセンレーヴ(牡8)は、鞍上・武幸騎手で天皇賞・春へ。

3月31日 日経賞2着のサウンズオブアース(牡5)は、鞍上M.デムーロ騎手に戻って天皇賞・春へ。

3月25日 阪神大賞典をメンバー最速の上がりで圧勝し、重賞初制覇を飾ったシュヴァルグラン(牡4)は、天皇賞・春へ向かう。
福永騎手「きょうはスタートを五分に切れたし、もっと前めの位置も考えていたけど、ペースが流れていたのであそこでいいかなと。思っている以上に長距離適性がありましたね。ペースに合わせて競馬ができるのが強み。瞬発力があるしスタート次第でいいポジションに付けられる」

3月13日 中日新聞杯は1番人気のサトノノブレス(牡6)がゴール前で差し切り、重賞3勝目。距離面から、天皇賞春はパスすることが濃厚。
池江調教師「京都の軽い馬場は合うけど、2000メートル~2200メートルがちょうどいい」

3月4日 1番人気に支持された京都記念で12着に敗れたレーヴミストラル(牡4)は、天皇賞・春に挑む。

2月25日 海外遠征明けのダイヤモンドSで2着のフェイムゲーム(牡6)は、近日中にノーザンファーム天栄に放牧。昨年2着の天皇賞・春に直行予定で、悲願のG1制覇を目指す。

2月25日 ダイヤモンドS4着のタンタアレグリア(牡4)は、阪神大賞典から天皇賞・春を目指す。

2月21日 ダイヤモンドSは、4番人気のトゥインクル(牡5)が積極的な競馬から4馬身差をつけて圧勝し、重賞初制覇。この後は、放牧をはさんで天皇賞・春へ直行する予定。
勝浦騎手「強かったです。切れるタイプではないので自分で動いたが、手応えがおとろえなかった」

2月17日 京都記念3着のアドマイヤデウス(牡5)は、天皇賞・春を目標に調整される。
橋田調教師「どこか挟むか直行するかは状態を見て考えます」

1月20日 一昨年の菊花賞馬で昨夏の札幌記念8着後、戦列を離れているトーホウジャッカル(牡5)は、阪神大賞典で復帰し、天皇賞・春に向かう予定。
谷調教師「右前中筋の繋靱帯(けいじんたい)を傷めたが、たいしたことなく順調に回復している。1回使って天皇賞を目標にしたい」

1月20日 日経新春杯2着のシュヴァルグラン(牡4)は、阪神大賞典から天皇賞・春へ。

1月15日 有馬記念を勝ったゴールドアクター(牡5)は2月上旬に美浦へ帰厩して、日経賞から天皇賞・春へ進む。

1月8日 昨年の菊花賞馬キタサンブラック(牡4)の春のローテは、大阪杯で始動し、天皇賞・春、宝塚記念と進む予定。

12月30日 有馬記念2着のサウンズオブアース(牡4)はレース後、そのまま宮城・山元トレセンに放牧。今後は天皇賞・春を目標にローテが組まれる。

12月6日 ステイヤーズSは、メンバー最速の末脚(3F 35秒0)で馬群を突き抜けた1番人気アルバート(牡4)が5馬身差で圧勝。4連勝で重賞初制覇を飾った。
林オーナー「まさか4連勝するなんて。(8月の札幌で)モレイラが乗ってから馬が変わったと思う。距離は長いとこがいいと言ってくれたのも彼なんです。有馬記念は日程的に厳しいかもしれない。来年の天皇賞・春を目標にしたい」

12月5日 ジャパンカップ15着のカレンミロティック(セン7)は、阪神大賞典から天皇賞・春を目指す。

無料競馬予想サイト
クローバーとわんこ

シェアしてください!(/≧∀≦)/

トップへ戻る