東京スポーツ杯2歳ステークス 2015 出走予定馬情報

スマートオーディン、武豊騎手鞍上で東スポ杯2歳Sへ!
萩S(OP)2着のスマートオーディンは、武豊騎手とのコンビで東スポ杯2歳Sへ。

2連勝中の大器シルバーステートが東スポ杯回避
大物感たっぷりの内容で連勝してクラシック候補に挙げられているシルバーステートですが、両前脚の球節にわずかな腫れが見られたことから、大事をとって東京スポーツ杯2歳ステークスは回避することになりました。骨や腱には異常は認められず、一過性の疲れによるものとの診断で、年内は休養して年明けからの復帰を目指すそうです。
藤原英調教師「早めに疲れとして表に出てきてくれたことは、かえって良かったのではないかと考えています」

第20回 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3)

  • 2015年11月23日(祝・月)
  • 15時25分発走
  • 東京競馬場
  • 芝1800m
スポンサーリンク

東京スポーツ杯2歳ステークス 枠順(出馬表)

東京スポーツ杯2歳ステークス2015の枠順が確定しました。騎手・父馬などの出馬表は以下の通りです。

馬番馬名騎手父馬
11マイネルラフレシア柴田 大知ジャングルポケット
22アグレアーブル岩田 康誠マンハッタンカフェ
33ハレルヤボーイ横山 典弘トーセンファントム
44ロスカボスM.デムーロキングカメハメハ
55ダイワリアクション北村 宏司シンボリクリスエス
66キラージョー藤岡 康太ハーツクライ
67カミノライデン柴山 雄一ニューイングランド
78レインボーライン蛯名 正義ステイゴールド
79プロディガルサン戸崎 圭太ディープインパクト
810スマートオーディン武 豊ダノンシャンティ
811タイセイサミットR.ムーアダイワメジャー

東京スポーツ杯2歳ステークス 2015 出走予定馬・想定騎手

現在、東京スポーツ杯2歳ステークス2015に出走を予定している馬と想定騎手です。
東京スポーツ杯2歳ステークスの登録馬は、以下の11頭です。
今後また情報が入れば更新していこうと思います。

  • アグレアーブル   岩田
  • カミノライデン
  • キラージョー
  • スマートオーディン 武豊
  • タイセイサミット
  • ダイワリアクション
  • ハレルヤボーイ
  • プロディガルサン  戸崎圭
  • マイネルラフレシア
  • レインボーライン
  • ロスカボス     M.デムーロ
スポンサーリンク

回避馬・別路線馬

  • ドレッドノータス  京都2歳S
  • プランスシャルマン 百日草特別
  • ユウチェンジ
  • ラヴアンドポップ

参考 朝日杯フューチュリティステークス2015の出走予定馬情報ページはこちら

有力馬をちょこっと紹介

プロディガルサン(牡)

父:ディープインパクト、母:ラヴズオンリーミー
今年の皐月賞2着、菊花賞2着のリアルスティールの全弟で、昨年のセレクトセール1歳セリで1億8000万円(税抜)の高値を付けた良血馬。
6月の新馬戦、9月の芙蓉S(OP)とデビュー2連勝中。プランスシャルマンに1番人気を譲った芙蓉Sでは中団追走から直線で末脚を伸ばし、先に抜け出したプランスシャルマンを豪快に差し切り勝ち。

蛯名騎手「まだ鳴いたり子供っぽい面を残しているが、それでも勝つのだから素質がある」
国枝調教師「まだ勝負どころの反応がそれほどでもないので、内心ドキドキしながら見ていたが勝ててよかった。まだ競馬を覚えている段階だが、来春が楽しみになった」

ロスカボス(牡)

父:キングカメハメハ、母:マンハッタンセレブ
7月の新馬戦、9月の野路菊S(OP)とデビュー2連勝中。
単勝1.5倍の圧倒的1番人気に推された野路菊Sでは、デビュー戦に続いて大きく出遅れ、向正面でもまだ最後方に取り残されたまま。最後方追走から直線で大外に持ち出し、直線だけで全出走馬をごぼう抜きにしてゴール寸前できっちり差し切り勝ち。大物感あふれる派手な勝ち方でした。
ちなみに、この野路菊Sで2着に負かしたブラックスピネルは、次走の萩S(OP)で圧倒的1番人気のスマートオーディンを2着に下しています。

M.デムーロ騎手「いつもゲートはゆっくりだけど強い馬。長い距離の方がいい感じ」
高野調教師「この2戦で能力が確かなことは分かりました」

アグレアーブル(牝)

父:マンハッタンカフェ、母:プリティカリーナ
単勝1.8倍の断然人気に推された10月17日の新馬戦(東京・芝1800m)は、道中は中団を追走。直線でメンバー最速の上がり3F33秒8を繰り出し、粘るキングオブアームズを外から一気に差し切り勝ち。

岩田騎手「気性がおとなしいので、ゲートは出なかった。まだまだ奥があるよ」
斎藤調教師「良くなる余地を残して勝てたのでよかった」

牝馬ですが、皐月賞とダービーの牡馬クラシックにも登録を済ませたらしく、岩田騎手いわく「この馬はブエナビスタ(級)だよ」とのことです。
ブエナビスタにたとえるのはさすがにハードルを上げすぎな気がしないでもないですが(^^;)
急死したマンハッタンカフェの子供ですし、重賞でどんな走りをしてくれるか楽しみにしてます。

スポンサーリンク

東京スポーツ杯2歳ステークス2015 出走予定馬情報

10月29日 アイビーSを快勝したマイネルラフレシア(牡)は、東スポ杯2歳Sへ。

10月29日 24日の東京未勝利戦(芝1800m)を勝ったダイワリアクション(牡)は、東スポ杯2歳Sへ向かう。

10月29日 25日の東京新馬戦(芝1400m)を勝ったメイプルキング(牡)は、東スポ杯2歳Sかデイリー杯2歳Sへ向かう。

10月29日 一過性の疲労で予定していた東スポ杯2歳Sを見送ったシルバーステート(牡)は、年内を休養に充て、年明けからの復帰を目指す。

10月22日 シルバーステート(牡)は、単勝1.1倍の圧倒的人気に推された紫菊賞(500万下)で3番手から楽々と抜け出し1馬身1/4差で楽勝。馬体重は前走比プラス14キロと先を見据えた調整ながら、上がり3Fは最速の32.7秒をマーク。次走は予定通り東スポ杯2歳Sを目指す。福永騎手「返し馬から余裕があって少し太い感じだったが、それでも勝ち切れるからね。次はもっと良くなると思う」

10月21日 17日の東京新馬戦(芝1800m)を快勝したアグレアーブル(牝)は、東京スポーツ杯2歳Sを視野に。なお、皐月賞とダービーの牡馬クラシックにも登録。斎藤誠調教師「岩田騎手からG1に行ける素材と高評価を受けています」

10月8日 新馬戦と芙蓉Sを連勝中のプロディガルサン(牡)は、戸崎圭騎手とのコンビ再結成で東スポ杯2歳Sへ向かう。

10月1日 野路菊S1着のロスカボス(牡)は、東京スポーツ杯2歳Sへ。

9月30日 芙蓉S2着のプランスシャルマン(牡)は、百日草特別(11月8日、東京)か東スポ杯2歳Sへ。

無料競馬予想サイト
クローバーとわんこ

シェアしてください!(/≧∀≦)/

トップへ戻る