金鯱賞 2019 出走予定馬情報

第55回 金鯱賞(G2)

日程2019年3月10日(日)
発走時間15時25分
開催2回中京2日 11R
競馬場中京競馬場
距離芝2000m・左
出走条件サラ系4歳以上オープン
負担重量別定
フルゲート18頭

1着馬に大阪杯の優先出走権が与えられます

スポンサーリンク

金鯱賞2019 出走予定馬・想定騎手

金鯱賞2019の出走予定馬と想定騎手は以下の通りです。
今後また情報が入れば、随時更新していきます。

個人調べによる手作業での更新のため、情報が古い・間違っている場合があります。
間違い等あったらごめんなさい (^^;)

出走予定馬想定騎手前走騎手
アルアイン北村友川田
エアウィンザー武豊M.デムーロ
ギベオンルメールC.デムーロ
サトノワルキューレ四位M.デムーロ
スズカデヴィアス三浦
タニノフランケル吉田隼川田
ダノンプレミアム川田川田
ペルシアンナイトM.デムーロM.デムーロ
ミッキースワロー横山典
ムイトオブリガード川田
メートルダール福永マーフィー
モズカッチャン和田M.デムーロ
リスグラシューシュタルケモレイラ
現時点での情報のため、出走予定馬と想定騎手は今後変更になる可能性があります。
スポンサーリンク

回避馬・別路線馬

別路線の有力馬

  • アーモンドアイ   ドバイターフ
  • レイデオロ     ドバイシーマクラシック
  • キセキ       大阪杯に直行
  • ブラストワンピース 大阪杯に直行
  • ワグネリアン    大阪杯に直行
  • サングレーザー   大阪杯に直行
  • ステルヴィオ    中山記念
  • エポカドーロ    中山記念
  • スワーヴリチャード 中山記念

その他の有力馬の次走情報は、古馬・有力馬の次走まとめを参考にしてください。

スポンサーリンク

金鯱賞 予想データ分析(過去20年)

単勝人気

人気着別度数勝率連対率複勝率
1番人気9-4-1-645.0%65.0%70.0%
2番人気3-2-6-915.0%25.0%55.0%
3番人気4-1-2-1320.0%25.0%35.0%
4番人気2-2-3-1310.0%20.0%35.0%
5番人気1-1-3-155.0%10.0%25.0%
6~9番人気1-9-4-661.3%12.5%17.5%
10番人気以下0-1-2-900%1.1%3.2%

過去20年のデータでは、1番人気が勝率・連対率・複勝率いずれもトップ。さらに勝ち馬の単勝オッズはほぼすべて10倍以下となっており、勝ち馬に限って言えば、単勝オッズ10倍以上の人気薄の馬は狙いづらいレースと言えます。

枠順

枠順着別度数勝率連対率複勝率
0-2-1-230%7.7%11.5%
1-1-2-233.7%7.4%14.8%
2-4-3-216.7%20.0%30.0%
2-2-3-256.3%12.5%21.9%
2-2-8-245.6%11.1%33.3%
2-3-2-305.4%13.5%18.9%
5-1-2-3312.2%14.6%19.5%
6-5-0-3313.6%25.0%25.0%

中京芝2000mは、基本的には枠の有利不利が生じにくいコース形態ではありますが、過去20年の金鯱賞では外枠が好成績を残しています。特に勝ち馬に関しては、8枠が6勝、7枠が5勝を挙げているのに対し、1枠は0勝、2枠は1勝と、明確な差が見られます。過去のデータ的には、内枠は割り引いて考えた方がいいかもしれません。

脚質

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ4-5-0-1417.4%39.1%39.1%
先行9-6-9-4912.3%20.5%32.9%
差し6-6-9-706.6%13.2%23.1%
追込1-3-3-791.2%4.7%8.1%

過去20年のデータでは逃げ・先行馬が好成績を残していますが、これらはほとんどが中京競馬場改修前のものです。中京競馬場改修前は前に行く馬が有利でしたが、改修工事後の2012年以降は、差し馬が好成績を残しています。ただし、追い込み馬は改修工事後も苦戦が続いています。

金鯱賞2019 出走予定馬情報

2019/02/22
香港ヴァーズ2着のリスグラシュー(栗・矢作、牝5)は、アンドレアシュ・シュタルケ騎手との新コンビで金鯱賞で始動。その後は香港G1・クイーンエリザベス2世Cを目指す予定。

2019/02/21
ウオッカの仔で小倉大賞典2着のタニノフランケル(牡4、角居)は、吉田隼人騎手との新コンビで金鯱賞へ。

2019/02/21
昨年9月のローズS6着以降休養しているサトノワルキューレ(牝4、角居)は、四位騎手との新コンビで金鯱賞へ。

2019/02/15
毎日王冠8着のスズカデヴィアス(栗・橋田、牡8)は金鯱賞へ。

2019/02/14
チャレンジカップを制したエアウィンザー(栗・角居、牡5)は、武豊騎手との再コンビで金鯱賞へ。

2019/02/09
一昨年のエリザベス女王杯の覇者モズカッチャン(牝5、栗東・鮫島)は金鯱賞へ。鞍上は、17年オークス2着以来、約1年10カ月ぶりのコンビ復活となる和田騎手。前走まで騎乗していたミルコ・デムーロ騎手は、金鯱賞ではペルシアンナイトに騎乗。

2019/02/08
マイルCS3着のアルアイン(牡5、池江)は、北村友騎手とのコンビで金鯱賞へ。

2019/02/06
エリザベス女王杯を制したリスグラシュー(栗・矢作、牝5)は、目標とする香港G1・クイーンエリザベス2世C(4月28日、シャティン、芝2000m)へのステップレースとして金鯱賞をメインに検討。

2019/02/01
AJCC3着のメートルダール(美・戸田、牡6)は金鯱賞へ。鞍上は福永騎手。

2019/01/31
有馬記念8着のモズカッチャン(牝5、栗東・鮫島)は金鯱賞へ。

2019/01/31
一昨年の朝日杯FSを制し、最優秀2歳牡馬に輝いたダノンプレミアム(栗・中内田、牡4)は、金鯱賞で始動予定。昨秋は天皇賞を目標に調整していたが、春に挫跖(ざせき)で傷めた右前の蹄(ひづめ)の状態が整わず、ダービー6着後は休養していた。猿橋助手「秋は爪の問題で使えなかった。まだサッとしか乗っていないが2、3歳の時より骨格自体は成長している。これからコース(追い)も取り入れて、段階的に上げていければ」by スポニチ

2019/01/30
毎日王冠8着後、戦列を離れているスズカデヴィアス(栗・橋田、牡8)は金鯱賞で復帰予定。

2019/01/24
チャレンジカップを制したエアウィンザー(栗・角居、牡5)は、藤岡佑騎手とのコンビで金鯱賞へ。

2019/01/23
日経新春杯6着のムイトオブリガード(栗・角田、牡5)は金鯱賞へ。

2019/01/19
マイルCS3着のアルアイン(牡5、池江)は、金鯱賞から始動して大阪杯を目指す。

2019/01/17
古馬相手に中日新聞杯を制したギベオン(牡4、藤原英)は、ルメール騎手との再コンビで金鯱賞へ。

2019/01/15
マイルCS2着のペルシアンナイト(栗・池江、牡5)は、金鯱賞から大阪杯のローテを予定。

2019/01/04
有馬記念11着のミッキースワロー(美・菊沢、牡5)は金鯱賞などを視野に。

2018/12/07
チャレンジカップで重賞初勝利を飾ったエアウィンザー(栗・中竹、牡4)は、金鯱賞から大阪杯のローテを予定。

コメント