古馬・有力馬の次走まとめ

スポンサーリンク

4歳馬

「最強世代」と言われている4歳馬の中心は、牝馬三冠に加えてジャパンカップを2分20秒6の衝撃レコードで制した怪物牝馬アーモンドアイ。満票で年度代表馬に選出され、名実ともに現役最強馬と言っても過言ではありません。牡馬では、古馬相手に有馬記念を制したブラストワンピース、ダービー馬ワグネリアン、万全の状態に戻れば世代屈指のポテンシャルを持つ2歳王者ダノンプレミアムなどが中心です。

4歳有力馬の次走・近況

馬名次走予定前走(着順)
アーモンドアイ天皇賞・秋(10/27)安田記念(3着)
ダノンプレミアム安田記念(16着)
エポカドーロ休養中(鼻出血)大阪杯(10着)
ワグネリアン札幌記念(8/18)大阪杯(3着)
フィエールマン札幌記念(8/18)天皇賞・春(1着)
ステルヴィオ安田記念(8着)
ブラストワンピース札幌記念(8/18)目黒記念(8着)
エタリオウ宝塚記念(6/23)天皇賞・春(4着)
グローリーヴェイズ天皇賞・春(2着)
スポンサーリンク

古馬中長距離路線

古馬牡馬の代表格はレイデオロ。4歳春は期待を裏切り連敗しましたが、好メンバーがそろった天皇賞秋を完勝し、改めて古馬最強を証明しました。正攻法の力強い逃げで見事な走りを見せてくれているキセキ、大阪杯の勝ち馬スワーヴリチャード、1600m~2000mぐらいの距離を中心に活躍しそうなサングレーザーアルアインを加えた「前・最強世代」の5歳馬5頭が、「新・最強世代」の4歳馬を迎え撃つ構図となっています。
ワクワク(o´∀`o).。oO(古馬戦線の盛り上がりがやばい)

古馬有力馬の次走・近況

馬名次走予定前走(着順)
レイデオロ宝塚記念(6/23)ドバイシーマクラシック(6着)
キセキ宝塚記念(6/23)大阪杯(2着)
スワーヴリチャード宝塚記念(6/23)ドバイシーマクラシック(3着)
シュヴァルグラン英キングジョージ(7/27)ドバイシーマクラシック(2着)
サングレーザー安田記念(5着)
アルアイン宝塚記念(6/23)大阪杯(1着)
スポンサーリンク

マイル路線

安田記念を制したモズアスコットと、マイルCSを制したペルシアンナイト。この2頭の古馬を撃破し、3歳でマイルCSを制したステルヴィオ。G1のたびに勝ち馬が変わり続ける混戦のマイル界は現状、この3頭に牝馬のアエロリットを加えた4頭が中心となりそうです。

マイル路線の有力馬の次走・近況

馬名次走予定前走(着順)
インディチャンプ安田記念(1着)
モズアスコット安田記念(6着)
ペルシアンナイト安田記念(10着)

牝馬路線

エリザベス女王杯を制して2018年の最優秀4歳以上牝馬に選ばれたリスグラシューと、一昨年の秋華賞を制した重賞4勝の実力馬ディアドラ、マイルを中心に牡馬混合戦でも善戦しているアエロリット。そこに、3歳時は怪物アーモンドアイに全部もっていかれたラッキーライラックリリーノーブルミッキーチャームなどの4歳牝馬が加わって、勢力図がどのように変わっていくか注目です。

牝馬有力馬の次走・近況

馬名次走予定前走(着順)
リスグラシュー宝塚記念(6/23)クイーンエリザベス2世C(3着)
ディアドラプリンスオブウェールズS(6/19)クイーンエリザベス2世C(6着)
アエロリット安田記念(2着)
ラッキーライラック札幌記念(8/18)ヴィクトリアマイル(4着)
リリーノーブル休養中オークス(2着)
ミッキーチャームヴィクトリアマイル(8着)
ヴィブロス引退ドバイターフ(2着)
モズカッチャン屈腱炎で引退金鯱賞(9着)

ダート路線

ダート路線の中心は、レースレコードでチャンピオンズカップを完勝したルヴァンスレーヴ。正攻法の競馬で歴戦の古馬を一蹴し、混沌としていたダート界を統一しました。その新王者打倒の急先鋒が、いずれも圧勝・破竹の6連勝で重賞を制覇した新星インティ。デビュー戦こそ9着に敗れたものの、そこからはいずれもワンサイドの圧勝劇、2着につけた着差は6戦で計32馬身差という圧巻のパフォーマンスを見せています。フェブラリーSとチャンピオンズCの両JRAダートG1を勝っているゴールドドリーム、ダートG1・3勝の古豪ケイティブレイブなども有力馬です。

ダート有力馬の次走・近況

馬名次走予定前走(着順)
ルヴァンスレーヴ帝王賞は回避チャンピオンズカップ(1着)
インティ帝王賞(6/26)かしわ記念(2着)
ゴールドドリーム南部杯(10/14)かしわ記念(1着)
ケイティブレイブ休養中(腸捻転で手術成功)ドバイワールドカップ(出走取消)
オメガパフューム帝王賞(6/26)平安S(3着)
クローバーとわんこ

シェアしてください!(/≧∀≦)/

トップへ戻る