宝塚記念 2019 出走予定馬情報

新着情報
6月22日:天気予報・馬場状態を更新
6月20日:出馬表・馬柱を更新
6月15日:アナグラム馬券予想を更新
6月15日:馬名アナグラムを更新
6月 6日:ファン投票最終結果を更新

タツゴウゲキは禁止薬物検査で陰性、宝塚記念出走OK!
宝塚記念の登録馬で唯一、禁止薬物検査を受けていたタツゴウゲキですが、検査は無事「陰性」と診断され、出走に支障がないことがJRAから発表されました。よかった!(/≧∀≦)/ by スポーツ報知
ちなみに、タツゴウゲキだけでなく、今週末(22、23日)のレースに出走予定の365頭、全頭陰性でした。by JRA「今週出走予定馬の検査結果について」

ソールインパクト、宝塚記念を回避して七夕賞へ
宝塚記念に登録していたソールインパクトですが、宝塚記念は回避して七夕賞(7月7日、福島)に向かうことになりました。by スポニチ

宝塚記念ファン投票最終結果、1位はアーモンドアイ!
宝塚記念ファン投票の最終結果が6月6日、JRAから発表されました。第1回中間発表からずっと1位だったアーモンドアイが、最後まで1位の座を守りました。アーモンドアイは残念ながら宝塚記念には出走しない予定ですが、2位~4位のレイデオロ、キセキ、アルアインの5歳馬3頭は出走してくれる予定です。2017年のクラシック三冠を分け合ったこの3頭が同じレースで対決するのは、昨年の天皇賞(秋)以来2回目です。この同世代3頭の対決が見られるだけでも今から楽しみです!(/≧∀≦)/

オジュウチョウサン、体調整わず宝塚記念を回避
障害の絶対王者で、平地G1制覇を目指して宝塚記念への参戦を表明していたオジュウチョウサンですが、夏負け気味で体調が整わないため、宝塚記念を回避することになりました。
和田正調教師「体調が整わないため回避することになりました。たくさん投票していただいたのに申し訳ありません。また立て直して、いい競馬を見せられるように頑張っていきます」by スポーツ報知

第60回 宝塚記念(G1)

日程2019年6月23日(日)
発走時間15時40分
開催3回阪神8日 11R
競馬場阪神競馬場
距離芝2200m・右・内
出走条件サラ系3歳以上オープン
負担重量定量(3歳53kg、4歳以上58kg、牝馬2kg減)
フルゲート18頭

天気予報・馬場状態

6月23日00:00発表の天気予報では、宝塚記念のレース当日は

くもりのち晴れ」、降水確率20%です。

阪神競馬場の天気 by 日本気象協会公式 tenki.jp

馬場状態(22日)
芝はBコース(最内から直線部3メートル、曲線部4メートル外へ柵)使用で3日目。まだインの状態がよく、基本的には先行有利。
馬場造園課「正面と向こう正面の内側に傷みは見られるが、全体的にはおおむね良好」by サンスポ

阪神競馬場の馬場情報 by JRA

スポンサーリンク

宝塚記念2019 枠順(出馬表)

宝塚記念2019の枠順が確定しました。
枠番・馬番、騎手、調教師、血統などの出馬表は以下の通りです。

→→ スマホの場合は右にスクロールすると全部見えます →→

馬名性齢騎手斤量調教師父馬母馬母の父
1キセキ牡5川田 将雅58.0角居 勝彦 (栗東)ルーラーシップブリッツフィナーレ(ディープインパクト)
2レイデオロ牡5C.ルメール58.0藤沢 和雄 (美浦)キングカメハメハラドラーダ(シンボリクリスエス)
3エタリオウ牡4横山 典弘58.0友道 康夫 (栗東)ステイゴールドホットチャチャ(Cactus Ridge)
4アルアイン牡5北村 友一58.0池江 泰寿 (栗東)ディープインパクトドバイマジェスティ(Essence of Dubai)
5タツゴウゲキ牡7秋山 真一郎58.0鮫島 一歩 (栗東)マーベラスサンデーニシノプルメリア(Singspiel)
6スティッフェリオ牡5丸山 元気58.0音無 秀孝 (栗東)ステイゴールドシリアスアティテュード(Mtoto)
7マカヒキ牡6岩田 康誠58.0友道 康夫 (栗東)ディープインパクトウィキウィキ(フレンチデピュティ)
8ショウナンバッハ牡8吉田 豊58.0上原 博之 (美浦)ステイゴールドシュガーハート(サクラバクシンオー)
9クリンチャー牡5三浦 皇成58.0宮本 博 (栗東)ディープスカイザフェイツ(ブライアンズタイム)
10ノーブルマーズ牡6高倉 稜58.0宮本 博 (栗東)ジャングルポケットアイアンドユー(Silver Hawk)
11スワーヴリチャード牡5M.デムーロ58.0庄野 靖志 (栗東)ハーツクライピラミマ(Unbridled s Song)
12リスグラシュー牝5D.レーン56.0矢作 芳人 (栗東)ハーツクライリリサイド(American Post)
スポンサーリンク

馬名アナグラム

アルアイン

「アルアイン」を並べ替えると「イアンアル(慰安ある)」

3歳時はクラシック三冠を皆勤。ケガや休養もせず、古馬になっても強豪馬が集まるG1戦線で常に上位争いを演じてきたアルアイン。大阪杯でついに悲願の古馬G1制覇を果たしたが、正直そろそろ休ませてあげたい。大阪杯に続いて宝塚記念も勝てば、夏には北海道への「慰安」旅行が「ある」のは間違いない。

マカヒキ

「マカヒキ」を並べ替えると「カキヒマ(夏季暇)」

前走の大阪杯(4着)で復活の兆しを見せたマカヒキ。昨夏は骨折休養で9カ月ぶりの実戦となった札幌記念のため忙しい夏を過ごしたが、宝塚記念を勝って完全復活を果たせば、今年の「夏季」は「ヒマ」になるか。異母兄弟のアルアインとワンツーを決めれば、今年の夏は2頭で仲良く北海道へ慰安旅行だ。

クリンチャー

「クリンチャー」を並べ替えると「クリーンチャ(クリーン茶)」

グリーン茶(緑茶)ではなく、clean茶。cleanには「澄んだ、透明な」という意味があるため、クリーン茶とは、いわば水。クリンチャーは前走の天皇賞(春)で10着に惨敗するなど近走は成績が振るわないが、すべて「水」に流してみるのもアリか。
また、クリンチャーをさらに並べ替えると「リークちゃん」。宝塚記念でのクリンチャーの激走を「リーク」した女の子がいるとかいないとか。いずれにしても目が離せない一頭だ。

リスグラシュー

「リスグラシュー」を並べ替えると「グラスシューリ(グラス修理)」

競馬でグラスと言えばもちろん、コップの「glass」ではなく、芝生の「grass」。もし宝塚記念のレース直前に「グラス(芝生)」の「修理」があれば、それはリスグラシューの勝利を暗示していると言っても過言ではない。

キセキ

「キセキ」を並べ替えると「キセキ(奇跡)」

並べ替えても「キセキ」、上から読んでも下から読んでも「キセキ」。これはもう奇跡と言うほかない。奇跡的なハイペースの逃げで上位人気馬をすべて潰し、奇跡的な高配当を演出するか。

【上級編】
奇跡を目の当たりにしたとき、人は何と言うか。それはもちろん「ワンダフル!」すなわち「ワンダー」。1999年の宝塚記念の勝ち馬はグラスワンダー。前述の通り「グラス=リスグラシュー」で、さらに「ワンダー=キセキ」となれば、今年の宝塚記念はリスグラシューとキセキの「グラスワンダー馬券」で決まりか。

エタリオウ

「エタリオウ」を並べ替えると「ウタエリオ(歌え!りお)」

「りお」とはもちろん、宝塚歌劇団・花組トップスターの明日海りおさん。宝塚記念の表彰式では宝塚歌劇団の皆様から花束が贈呈されるなど、宝塚記念と宝塚歌劇団には深い結び付きがある。その宝塚歌劇団・花組トップスターの明日海りおさんが、今年の11月24日をもって宝塚歌劇団を退団されることになった。「りお」さんのために競馬ファンもみんなで一緒に「歌え!」エタリオウ悲願のG1初制覇は、明日海りおさん卒業の花道をお祝いする愛の賛歌だ。

ショウナンバッハ

「ショウナンバッハ」を並べ替えると「ウハッナンバショ(うは!なんばしよ)」

「なんばしよっと」は、博多弁で「なにしてるんですか」という意味。前走エプソムカップから中1週の強行軍で参戦する8歳馬のショウナンバッハ。現役トップクラスの好メンバーが揃ったここはさすがに厳しいかもしれないが、伏兵馬の激走に思わず「うは!なんばしよっと!」と叫んでしまうのは、福岡・博多の人だけとは限らない。

弟は、アイドルホースとして国民的な人気を誇ったキタサンブラック。兄のショウナンバッハは一度地方に行き、そこから這い上がってきた。走るたびに強くなり、8歳にして初めて挑むグランプリで、弟のリベンジを果たすか。

スワーヴリチャード

「スワーヴリチャード」を並べ替えると「ドチャヴリスワーー(どしゃ降りすわーー)」

梅雨の時期に行われる宝塚記念は、どしゃ降りになる可能性も高い。スワーヴリチャードは道悪の鬼というイメージはそれほどないが、稍重で【2-1-0-0】とパーフェクト連対。
さらに飛躍させると、「どしゃ降りに」→「どしゃブリーニ」→「ドナブリーニ」。ドナブリーニは言わずと知れたジェンティルドンナの母親だが、そのドナブリーニの妹にあたるリトルブックは、今年のダービー馬ロジャーバローズの母親。今最も旬な血統の勢いに便乗して、当日どしゃブリーニなれば、スワーヴリチャードが突き抜ける。

レイデオロ

「レイデオロ」を並べ替えると「オレデイロ(俺でいろ)」

前走ドバイSCはまさかの6着。「俺でいろ」とは、自分の実力を信じろとの自戒の念か。
尾崎豊の名曲「僕が僕であるために」の歌詞に、「僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない」という一節がある。僕が僕であるために勝ち続けなきゃならないのなら、当然、俺が俺であるためにも勝ち続けなきゃならないはずだ。レイデオロの馬名の意味は「黄金の王」。ダービーと天皇賞という2つの王道タイトルを獲得したレイデオロが王者であるために、勝ち続けなきゃならない。

アナグラム馬券予想

アナグラムパワーの強さを多角的に分析し、そこから馬券の予想へと昇華させることで的中する買い目を導き出す「アナグラム馬券予想」。
それでは早速、アナグラムパワーの分析結果ならびに馬券の買い目を発表していこう。

アナグラムパワーが最も強いのはレイデオロ。やはり尾崎豊には逆らえない。

アナグラムパワー2位はアルアイン。正直、アルアインが好きだからという私情を排除するのは容易ではない。これまでがんばってくれたアルアインには慰安旅行をプレゼントしたい。

アナグラムパワー3位はキセキ。アナグラムパワーうんぬんより、単純に馬が強い。

アナグラムパワー4位はリスグラシュー。アナグラムパワーは別に強くないが、単純に馬が強い。

この4頭の複勝を買っておけば、どれかは的中するだろう。
念のためエタリオウの複勝も押さえたい。
さらに当日雨がどしゃブリーニなれば、スワーヴリチャードの複勝も必要か。

これに加えて、アルアインとマカヒキの「慰安旅行馬券」、リスグラシューとキセキの「グラスワンダー馬券」もおすすめだ。

アナグラムパワーは Clover!独自の指標です。当該情報によって生じた馬券の損害その他に関して、当サイトは一切の責任を負いかねます。
スポンサーリンク

宝塚記念2019 出走予定馬の馬柱

宝塚記念2019の出走予定馬の馬柱です。
手作業で作ったので、もしどこか間違ってたらごめんなさい (^^;)

→→ 右にスクロールすると5走前まで見えます →→

馬名 / 騎手前走前々走3走前4走前5走前馬名
1キセキ
川田 将雅 (58.0)
牡5 / 角居 勝彦 (栗東)
父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
(母父:ディープインパクト)
19/03/31 川田将雅
2 大阪杯 G1
2番人気 14頭 6番
阪神 2000芝 2:01.0
508(+2) 57.0
2-2-2-2 良 35.4
アルアイン (0.0)
18/12/23 川田将雅
5 有馬記念 G1
2番人気 16頭 14番
中山 2500芝 2:32.8
506(+2) 57.0
1-1-1-1 稍 37.5
ブラストワンピース (0.6)
18/11/25 川田将雅
2 ジャパンC G1
4番人気 14頭 8番
東京 2400芝 2:20.9
504(+8) 57.0
1-1-1-1 良 34.7
アーモンドアイ (0.3)
18/10/28 川田将雅
3 天皇賞(秋) G1
6番人気 12頭 10番
東京 2000芝 1:57.0
496(-8) 58.0
1-1-1 良 34.7
レイデオロ (0.2)
18/10/07 川田将雅
3 毎日王冠 G2
6番人気 13頭 1番
東京 1800芝 1:44.7
504(+10) 58.0
2-2-2 良 33.9
アエロリット (0.2)
キセキ

牡5

2レイデオロ
C.ルメール (58.0)
牡5 / 藤沢 和雄 (美浦)
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
(母父:シンボリクリスエス)
19/03/30 ルメール
6 ドバイシーマ G1
1番人気 8頭 6番
メイダン 2410芝
計不 57.0

Old Persian (-)
18/12/23 ルメール
2 有馬記念 G1
1番人気 16頭 12番
中山 2500芝 2:32.2
490(+8) 57.0
9-9-9-8 稍 35.4
ブラストワンピース (0.0)
18/10/28 ルメール
1 天皇賞(秋) G1
2番人気 12頭 4番
東京 2000芝 1:56.8
482(-2) 58.0
6-5-5 良 33.6
サングレーザー (-0.2)
18/09/23 ルメール
1 オールカマー G2
1番人気 12頭 7番
中山 2200芝 2:11.2
484(0) 57.0
8-8-8-8 良 34.3
アルアイン (0.0)
18/03/31 ルメール
4 ドバイシーマ G1
2番人気 10頭 3番
メイダン 2410芝
計不 56.5

Hawkbill (-)
レイデオロ

牡5

3エタリオウ
横山 典弘 (58.0)
牡4 / 友道 康夫 (栗東)
父:ステイゴールド
母:ホットチャチャ
(母父:Cactus Ridge)
19/04/28 M.デムーロ
4 天皇賞(春) G1
2番人気 13頭 2番
京都 3200芝 3:16.0
472(+6) 58.0
13-13-9-5 良 35.2
フィエールマン (1.0)
19/03/23 M.デムーロ
2 日経賞 G2
1番人気 12頭 7番
中山 2500芝 2:34.4
466(-6) 55.0
6-5-2-2 稍 35.6
メイショウテッコン (0.2)
18/10/21 M.デムーロ
2 菊花賞 G1
2番人気 18頭 9番
京都 3000芝 3:06.1
472(+4) 57.0
10-9-8-6 良 33.9
フィエールマン (0.0)
18/09/23 M.デムーロ
2 神戸新聞杯 G2
3番人気 10頭 2番
阪神 2400芝 2:25.7
468(+14) 56.0
10-10-10-9 良 33.9
ワグネリアン (0.1)
18/05/27 ボウマン
4 東京優駿 G1
13番人気 18頭 14番
東京 2400芝 2:23.8
454(+4) 57.0
17-14-13-15 良 33.5
ワグネリアン (0.2)
エタリオウ

牡4

4アルアイン
北村 友一 (58.0)
牡5 / 池江 泰寿 (栗東)
父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ
(母父:Essence of Dubai)
19/03/31 北村友一
1 大阪杯 G1
9番人気 14頭 3番
阪神 2000芝 2:01.0
524(-4) 57.0
4-3-4-4 良 35.2
キセキ (0.0)
19/03/10 柴山雄一
5 金鯱賞 G2
3番人気 13頭 10番
中京 2000芝 2:01.0
528(+8) 57.0
5-5-3-3 稍 35.0
ダノンプレミアム (0.9)
18/11/18 川田将雅
3 マイルCS G1
4番人気 18頭 3番
京都 1600芝 1:33.5
520(+8) 57.0
2-2 良 34.5
ステルヴィオ (0.2)
18/10/28 北村友一
4 天皇賞(秋) G1
5番人気 12頭 7番
東京 2000芝 1:57.2
512(-6) 58.0
2-2-2 良 34.5
レイデオロ (0.4)
18/09/23 北村友一
2 オールカマー G2
3番人気 12頭 1番
中山 2200芝 2:11.2
518(+2) 57.0
2-2-2-2 良 34.9
レイデオロ (0.0)
アルアイン

牡5

5タツゴウゲキ
秋山 真一郎 (58.0)
牡7 / 鮫島 一歩 (栗東)
父:マーベラスサンデー
母:ニシノプルメリア
(母父:Singspiel)
18/06/24 秋山真一
15 宝塚記念 G1
16番人気 16頭 12番
阪神 2200芝 2:14.6
492(+2) 58.0
2-2-2-4 稍 38.9
ミッキーロケット (3.0)
18/06/02 秋山真一
10 鳴尾記念 G3
5番人気 11頭 9番
阪神 2000芝 1:58.9
490(+4) 56.0
7-7-7-7 良 36.3
ストロングタイタン (1.7)
17/09/03 秋山真一
1 新潟記念 G3
6番人気 17頭 1番
新潟 2000芝 1:57.9
486(+4) 55.0
2-2 良 34.6
アストラエンブレム (0.0)
17/08/06 秋山真一
1 小倉記念 G3
4番人気 13頭 2番
小倉 2000芝 1:57.6
482(+6) 52.0
3-3-3-5 良 35.7
サンマルティン (0.0)
17/07/09 北村宏司
6 七夕賞 G3
6番人気 12頭 7番
福島 2000芝 1:58.6
476(-8) 52.0
5-5-5-11 良 36.4
ゼーヴィント (0.4)
タツゴウゲキ

牡7

6スティッフェリオ
丸山 元気 (58.0)
牡5 / 音無 秀孝 (栗東)
父:ステイゴールド
母:シリアスアティテュード
(母父:Mtoto)
19/03/31 田辺裕信
7 大阪杯 G1
13番人気 14頭 13番
阪神 2000芝 2:01.5
450(0) 57.0
2-3-2-3 良 35.9
アルアイン (0.5)
19/02/17 丸山元気
1 小倉大賞典 G3
3番人気 14頭 12番
小倉 1800芝 1:46.7
450(+10) 57.0
5-4-4-4 良 34.2
タニノフランケル (0.0)
18/11/11 丸山元気
1 福島記念 G3
2番人気 16頭 2番
福島 2000芝 1:58.3
440(-2) 55.0
3-3-3-3 良 35.9
マイスタイル (-0.2)
18/10/14 田辺裕信
4 オクトーバー OP
1番人気 10頭 6番
東京 2000芝 1:59.5
442(0) 56.0
8-8-8 良 33.7
マウントゴールド (0.3)
18/08/19 丸山元気
5 札幌記念 G2
12番人気 16頭 10番
札幌 2000芝 2:01.5
442(0) 57.0
5-5-4-3 稍 37.5
サングレーザー (0.4)
スティッフェリオ

牡5

7マカヒキ
岩田 康誠 (58.0)
牡6 / 友道 康夫 (栗東)
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
(母父:フレンチデピュティ)
19/03/31 岩田康誠
4 大阪杯 G1
10番人気 14頭 1番
阪神 2000芝 2:01.2
506(-8) 57.0
14-14-11-11 良 34.9
アルアイン (0.2)
19/02/10 岩田康誠
3 京都記念 G2
2番人気 12頭 12番
京都 2200芝 2:14.9
514(+10) 57.0
9-9-7-7 良 34.7
ダンビュライト (0.1)
18/12/23 岩田康誠
10 有馬記念 G1
12番人気 16頭 4番
中山 2500芝 2:33.0
504(+10) 57.0
9-9-9-10 稍 36.3
ブラストワンピース (0.8)
18/10/28 武豊
7 天皇賞(秋) G1
3番人気 12頭 6番
東京 2000芝 1:57.7
494(-12) 58.0
10-10-9 良 33.7
レイデオロ (0.9)
18/08/19 ルメール
2 札幌記念 G2
1番人気 16頭 5番
札幌 2000芝 2:01.1
506(+6) 57.0
15-14-13-11 稍 36.4
サングレーザー (0.0)
マカヒキ

牡6

8ショウナンバッハ
吉田 豊 (58.0)
牡8 / 上原 博之 (美浦)
父:ステイゴールド
母:シュガーハート
(母父:サクラバクシンオー)
19/06/09 吉田豊
4 エプソムC G3
12番人気 13頭 1番
東京 1800芝 1:49.6
458(0) 56.0
9-10-11 稍 32.7
レイエンダ (0.5)
19/05/18 吉田豊
3 メイS OP
12番人気 15頭 14番
東京 1800芝 1:46.2
458(-2) 54.0
14-14-14 良 33.1
ダイワキャグニー (0.4)
19/04/29 田辺裕信
10 新潟大賞典 G3
13番人気 16頭 2番
新潟 2000芝 1:59.5
460(+4) 54.0
15-15 良 33.5
メールドグラース (0.9)
19/03/10 幸英明
12 金鯱賞 G2
12番人気 13頭 2番
中京 2000芝 2:01.7
456(+4) 56.0
11-11-11-11 稍 35.1
ダノンプレミアム (1.6)
19/03/03 鮫島克駿
9 大阪城S
9番人気 15頭 11番
阪神 1800芝 1:46.7
452(-6) 54.0
15-15 良 34.3
スピリッツミノル (0.6)
ショウナンバッハ

牡8

9クリンチャー
三浦 皇成 (58.0)
牡5 / 宮本 博 (栗東)
父:ディープスカイ
母:ザフェイツ
(母父:ブライアンズタイム)
19/04/28 三浦皇成
10 天皇賞(春) G1
4番人気 13頭 12番
京都 3200芝 3:17.7
496(+2) 58.0
8-8-11-11 良 36.5
フィエールマン (2.7)
19/03/23 三浦皇成
7 日経賞 G2
5番人気 12頭 12番
中山 2500芝 2:35.3
494(+4) 56.0
7-7-5-5 稍 36.0
メイショウテッコン (1.1)
18/12/23 福永祐一
15 有馬記念 G1
11番人気 16頭 2番
中山 2500芝 2:33.8
490(0) 57.0
3-5-4-4 稍 37.5
ブラストワンピース (1.6)
18/10/07 武豊
17 凱旋門賞 G1
4番人気 18頭 9番
仏ロンシャン 2400芝
計不 59.5

Enable (-)
18/09/16 武豊
6 フォワ賞 G2
3番人気 6頭 6番
仏ロンシャン 2400芝
計不 58.0

Waldgeist (-)
クリンチャー

牡5

10ノーブルマーズ
高倉 稜 (58.0)
牡6 / 宮本 博 (栗東)
父:ジャングルポケット
母:アイアンドユー
(母父:Silver Hawk)
19/06/01 高倉稜
5 鳴尾記念 G3
6番人気 9頭 5番
阪神 2000芝 2:00.0
498(0) 56.0
5-6-5-5 良 35.2
メールドグラース (0.4)
19/02/10 高倉稜
9 京都記念 G2
3番人気 12頭 2番
京都 2200芝 2:15.4
498(+4) 56.0
5-5-6-4 良 35.4
ダンビュライト (0.6)
19/01/13 高倉稜
4 日経新春杯 G2
9番人気 16頭 11番
京都 2400芝 2:26.4
494(+2) 56.0
9-9-14-10 良 36.8
グローリーヴェイズ (0.2)
18/11/25 高倉稜
13 ジャパンC G1
12番人気 14頭 13番
東京 2400芝 2:24.8
492(-4) 57.0
2-2-2-2 良 38.2
アーモンドアイ (4.2)
18/11/04 高倉稜
9 アルゼンチン G2
5番人気 12頭 2番
東京 2500芝 2:34.4
496(+6) 56.0
2-2-3-3 良 33.6
パフォーマプロミス (0.7)
ノーブルマーズ

牡6

11スワーヴリチャード
M.デムーロ (58.0)
牡5 / 庄野 靖志 (栗東)
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
(母父:Unbridled s Song)
19/03/30 モレイラ
3 ドバイシーマ G1
3番人気 8頭 7番
メイダン 2410芝
計不 57.0

Old Persian (-)
19/02/24 M.デムーロ
4 中山記念 G2
4番人気 11頭 10番
中山 1800芝 1:45.7
524(+14) 58.0
6-6-5-4 良 33.8
ウインブライト (0.2)
18/11/25 M.デムーロ
3 ジャパンC G1
2番人気 14頭 11番
東京 2400芝 2:21.5
510(0) 57.0
5-5-4-4 良 34.7
アーモンドアイ (0.9)
18/10/28 M.デムーロ
10 天皇賞(秋) G1
1番人気 12頭 5番
東京 2000芝 1:58.3
510(+4) 58.0
11-10-11 良 34.1
レイデオロ (1.5)
18/06/03 M.デムーロ
3 安田記念 G1
1番人気 16頭 1番
東京 1600芝 1:31.4
506(-10) 58.0
5-5 良 33.9
モズアスコット (0.1)
スワーヴリチャード

牡5

12リスグラシュー
D.レーン (56.0)
牝5 / 矢作 芳人 (栗東)
父:ハーツクライ
母:リリサイド
(母父:American Post)
19/04/28 マーフィー
3 QE2世C G1
2番人気 13頭 12番
シャティ 2000芝 1:58.97
計不 55.5

ウインブライト (-)
19/03/10 シュタルケ
2 金鯱賞 G2
5番人気 13頭 11番
中京 2000芝 2:00.3
458(+2) 55.0
8-7-6-6 稍 34.1
ダノンプレミアム (0.2)
18/12/09 モレイラ
2 香港ヴァーズ G1
2番人気 14頭 10番
シャティ 2400芝 2:26.59
計不 55.5

Exultant (-)
18/11/11 モレイラ
1 エリ女王杯 G1
3番人気 17頭 12番
京都 2200芝 2:13.1
462(+2) 56.0
8-9-10-9 良 33.8
クロコスミア (0.0)
18/10/13 M.デムーロ
2 府中牝馬 G2
2番人気 11頭 10番
東京 1800芝 1:44.7
460(+12) 54.0
9-7-7 良 32.6
ディアドラ (0.0)
リスグラシュー

牝5

回避馬・別路線馬

  • アーモンドアイ    安田記念へ
  • ダノンプレミアム   安田記念へ
  • ブラストワンピース  目黒記念へ
  • ワグネリアン     札幌記念へ
  • フィエールマン    札幌記念へ
  • シュヴァルグラン   英キングジョージへ
  • ウインブライト    疲れを考慮して秋まで休養
  • ユーキャンスマイル  新潟記念あたりを視野
  • ディアドラ      プリンスオブウェールズSへ
  • ラッキーライラック  札幌記念へ
  • クロコスミア     疲れがあるため放牧へ
  • オジュウチョウサン  体調が整わないため
  • メイショウテッコン
  • ソールインパクト   七夕賞へ

その他の有力馬の次走情報は、有力馬の次走まとめを参考にしてください。

関連記事 札幌記念 2019 出走予定馬情報

宝塚記念ファン投票 最終結果発表!

第60回宝塚記念ファン投票の最終結果が6月6日、JRAから発表されました。

第1回・第2回中間発表に続き、アーモンドアイが最後まで1位の座を守りました。

有効投票数 1,109,296票

順位馬名得票数性齢
1アーモンドアイ78,778牝4
2レイデオロ72,805牡5
3キセキ66,032牡5
4アルアイン56,731牡5
5フィエールマン50,938牡4
6ブラストワンピース49,345牡4
7スワーヴリチャード46,880牡5
8オジュウチョウサン45,820牡8
9リスグラシュー40,506牝5
10ワグネリアン38,375牡4
11サートゥルナーリア33,530牡3
12シュヴァルグラン31,275牡7
13エタリオウ26,473牡4
14エポカドーロ25,976牡4
15マカヒキ22,367牡6
16ウインブライト19,170牡5
17ステルヴィオ15,816牡4
18クリンチャー15,479牡5
19アドマイヤマーズ14,222牡3
20ディアドラ13,982牝5

太赤字は、宝塚記念に出走を予定している馬

1位のアーモンドアイから17位のステルヴィオまで、前回発表と同じ順位でした。

宝塚記念の第1回特別登録を行った馬の中から、ファン投票の上位10頭に優先出走権が与えられます。

※21位以下については、JRAのホームページで確認できます。

宝塚記念ファン投票 第2回中間発表

第60回宝塚記念ファン投票の第2回中間発表が5月30日、JRAから発表されました。

有効投票数 654,180票

順位馬名得票数性齢
1アーモンドアイ47,736牝4
2レイデオロ44,400牡5
3キセキ39,597牡5
4アルアイン34,723牡5
5フィエールマン32,453牡4
6ブラストワンピース32,146牡4
7スワーヴリチャード29,282牡5
8オジュウチョウサン26,732牡8
9リスグラシュー25,374牝5
10ワグネリアン22,382牡4
11サートゥルナーリア20,477牡3
12シュヴァルグラン19,961牡7
13エタリオウ14,743牡4
14エポカドーロ14,662牡4
15マカヒキ11,791牡6
16ウインブライト11,703牡5
17ステルヴィオ9,924牡4
18アドマイヤマーズ9,254牡3
19クリンチャー8,987牡5
20ディアドラ8,625牝5

1位のアーモンドアイから9位のリスグラシューまで、上位9頭の順位は前回と変わりませんでした。

※21位以下については、JRAのホームページで確認できます。
※次回の「最終発表」は6月6日(木曜)です。

宝塚記念ファン投票 第1回中間発表

第60回宝塚記念ファン投票の第1回中間発表が5月23日、JRAから発表されました。

有効投票数 289,368票

順位馬名得票数性齢
1アーモンドアイ21,402牝4
2レイデオロ20,430牡5
3キセキ17,863牡5
4アルアイン15,721牡5
5フィエールマン15,020牡4
6ブラストワンピース14,905牡4
7スワーヴリチャード13,323牡5
8オジュウチョウサン12,076牡8
9リスグラシュー11,637牝5
10シュヴァルグラン9,479牡7
11ワグネリアン9,401牡4
12サートゥルナーリア9,174牡3
13エポカドーロ6,233牡4
14エタリオウ6,041牡4
15ウインブライト5,341牡5
16ステルヴィオ4,621牡4
17アドマイヤマーズ4,573牡3
18マカヒキ4,468牡6
19ディアドラ4,023牝5
20クリンチャー3,928牡5

※21位以下については、JRAのホームページで確認できます。
※次回の「第2回中間発表」は5月30日(木曜)です。

宝塚記念ファン投票は、6月2日(日曜)まで受付中です。インターネットからも投票可能ですので、ぜひ投票しましょう!(^^)
宝塚記念ファン投票サイト

宝塚記念 予想データ分析(過去20年)

単勝人気

人気着別度数勝率連対率複勝率
1番人気6-6-2-630.0%60.0%70.0%
2番人気4-2-2-1220.0%30.0%40.0%
3番人気2-2-4-1210.0%20.0%40.0%
4番人気0-1-3-160%5.0%20.0%
5番人気1-2-0-175.0%15.0%15.0%
6~9番人気6-4-6-647.5%12.5%20.0%
10番人気以下1-3-3-981.0%3.8%6.7%

過去20年のデータでは、1番人気が勝率・連対率・複勝率いずれもトップ、さらに上位1~3番人気で12勝と、上位人気馬の信頼度は高い傾向にあります。

また、10番人気以下の馬が苦戦している一方で、6~9番人気の中穴は6勝と奮闘。極端な人気薄は狙いにくいですが、中穴には注意が必要です。

枠順

枠順着別度数勝率連対率複勝率
2-1-7-187.1%10.7%35.7%
1-2-2-253.3%10.0%16.7%
3-2-2-259.4%15.6%21.9%
0-6-1-260%18.2%21.2%
2-5-2-285.4%18.9%24.3%
5-0-0-3512.5%12.5%12.5%
0-3-2-360%7.3%12.2%
7-1-4-3215.9%18.2%27.3%

過去20年のデータでは、枠順別の成績にこれといった傾向は見られません。過去のデータ的には、枠順による有利不利は小さいと言えます。

脚質

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ2-0-5-149.5%9.5%33.3%
先行8-10-7-569.9%22.2%30.9%
差し8-2-6-748.9%11.1%17.8%
追込2-8-2-812.2%10.8%12.9%

過去20年のデータでは、先行馬が勝率・連対率ともにトップ、逃げ馬が複勝率トップと、前に行く馬が優秀な成績を残している一方で、追い込み馬は苦戦。

宝塚記念は4コーナーを5番手以内で通過した馬が好成績を残していることからも、直線一気の追い込みは難しく、ある程度のポジションが必要なため、基本的には前に行く馬が有利と言えます。

宝塚記念2019 登録馬

宝塚記念2019の登録馬は、以下の13頭です。
フルゲートは18頭なので、抽選・除外はなく全馬出走可能です。

  • アルアイン
  • エタリオウ
  • キセキ
  • クリンチャー
  • ショウナンバッハ
  • スティッフェリオ
  • スワーヴリチャード
  • ソールインパクト(回避)
  • タツゴウゲキ
  • ノーブルマーズ
  • マカヒキ
  • リスグラシュー
  • レイデオロ

宝塚記念2019 出走予定馬・想定騎手

宝塚記念2019の出走予定馬と想定騎手は以下の通りです。
今後また情報が入れば、随時更新していきます。

個人調べによる手作業での更新のため、情報が古い・間違っている場合があります。
間違い等あったらごめんなさい (^^;)

出走予定馬想定騎手前走騎手
アルアイン北村友北村友
エタリオウ横山典M.デムーロ
キセキ川田川田
クリンチャー三浦三浦
ショウナンバッハ吉田豊吉田豊
スティッフェリオ丸山田辺
スワーヴリチャードM.デムーロモレイラ
タツゴウゲキ秋山秋山
ノーブルマーズ高倉高倉
マカヒキ岩田岩田
リスグラシューレーンマーフィー
レイデオロルメールルメール

フルゲート18頭に対し登録馬は13頭なので、抽選・除外はありません。

現時点での情報のため、出走予定馬と想定騎手は今後変更になる可能性があります。

宝塚記念2019の出走予定馬に関するニュース

2019/05/30
宝塚記念に登録していた香港馬エグザルタント(セン5、クルーズ)が出走を辞退。これで宝塚記念への外国馬の参戦はなくなりました。

2019/05/23
天皇賞・春4着のエタリオウ(栗・友道、牡4)の宝塚記念の鞍上が、横山典弘騎手(新コンビ)に決定。

2019/05/22
ドバイシーマクラシック3着のスワーヴリチャード(栗・庄野、牡5)は、ミルコ・デムーロ騎手との再コンビで宝塚記念へ。

2019/05/21
ヴィクトリアマイルで11番人気3着と好走したクロコスミア(栗・西浦、牝6)は、レース後の状態をチェックした結果、参戦を検討していた宝塚記念を見送ることに。
西浦調教師「ヴィクトリアマイルは高速決着で、よく頑張ってくれました。その疲れがあるので無理せず、ひと息入れます」by スポニチ

2019/05/21
香港G1・クイーンエリザベス2世カップ3着のリスグラシュー(栗・矢作、牝5)は、レーン騎手とのコンビで宝塚記念へ。

2019/05/17
ヴィクトリアマイル3着のクロコスミア(栗・西浦、牝6)は、宝塚記念を視野に。

2019/05/15
ドバイシーマクラシック6着のレイデオロ(美・藤沢和、牡5)は、ノーザンファーム天栄で調整中。順調に進めば、宝塚記念に向かう。

2019/05/15
大阪杯4着のマカヒキ(栗・友道、牡6)は、引き続き岩田騎手とのコンビで宝塚記念へ。

2019/05/10
JRAは9日、宝塚記念にエグザルタント(香港、セン5)の予備登録があったと発表。エグザルタントは、昨年の香港ヴァーズ優勝馬で、4月28日に行われた香港G1・クイーンエリザベス2世カップではウインブライトの2着だった。

2019/05/10
香港G1・クイーンエリザベス2世カップを制したウインブライト(美・畠山、牡5)は、秋まで休養することが決定。昨秋からの連戦の疲れを考慮した判断で、出走プランのあった宝塚記念は見送ることに。秋の復帰戦はオールカマー(9月22日、中山)が候補。

2019/05/09
天皇賞・春11着のメイショウテッコン(栗・高橋忠、牡4)は、武豊騎手との再コンビで宝塚記念を視野に。

2019/05/08
天皇賞・春4着のエタリオウ(栗・友道、牡4)は、宝塚記念を視野に。

2019/05/08
新潟大賞典2着のミッキースワロー(美・菊沢、牡5)は、エプソムカップ(6月9日、G3、東京・芝1800m)へ。除外の場合は、宝塚記念を視野に。

2019/05/03
大阪杯6着のブラストワンピース(美・大竹、牡4)は、当初の予定だった宝塚記念ではなく、目黒記念(5月26日、G2、東京・芝2500m)へ。
※凱旋門賞を見据えて洋芝の札幌記念が前哨戦に決まったため、宝塚記念では間隔が短くなるため。

2019/05/02
香港G1・クイーンエリザベス2世カップ3着のリスグラシュー(栗・矢作、牝5)は、状態が良ければ、次走は宝塚記念を視野に。

2019/05/02
天皇賞・春10着のクリンチャー(栗・宮本、牡5)は、引き続き三浦騎手とのコンビで宝塚記念へ。

2019/04/29
天皇賞・春を制したフィエールマン(美・手塚、牡4)は、宝塚記念を自重。
サンデーレーシングの吉田俊介代表「レースごとの消耗が激しいタイプで目標を立てにくい。宝塚記念は目標にせず、もっと先になるかな」by スポニチ

2019/04/20
大阪杯を制したアルアイン(栗・池江、牡5)は、引き続き北村友騎手とのコンビで宝塚記念に向かう。

2019/04/18
ドバイターフを制したアーモンドアイ(牝4、国枝)の次走は、安田記念が有力。宝塚記念は自重する見通し。
国枝調教師「秋まで休ませるのは長すぎるので、春に1戦は使いたい。ヴィクトリアマイルは日程的に厳しい。宝塚記念は馬場が悪くなる傾向なので使いたくない」by スポニチ

2019/04/17
中山グランドジャンプで史上初の同一重賞4連覇を達成したオジュウチョウサン(美・和田正、牡8)は、宝塚記念への出走を目指す。昨年の有馬記念は9着に敗れたが、再び平地G1に挑戦。鞍上は引き続き石神騎手の予定。

2019/04/04
大阪杯2着のキセキ(栗・角居、牡5)は、宝塚記念へ向かう。

コメント