チューリップ賞 2019 出走予定馬情報

第26回 チューリップ賞(G2)[桜花賞トライアル]

日程2019年3月2日(土)
発走時間15時35分
開催1回阪神3日 11R
競馬場阪神競馬場
距離芝1600m・右・外
出走条件サラ系3歳牝馬オープン
負担重量馬齢(54kg)
フルゲート18頭

桜花賞と同じ舞台で行われ、3着までの馬に桜花賞の優先出走権が与えられるトライアル競走

スポンサーリンク

チューリップ賞2019 出走予定馬・想定騎手

チューリップ賞2019の出走予定馬と想定騎手は以下の通りです。
今後また情報が入れば、随時更新していきます。

個人調べによる手作業での更新のため、情報が古い・間違っている場合があります。
間違い等あったらごめんなさい (^^;)

出走予定馬想定騎手前走騎手
アフランシール酒井
オーパキャマラード松若
ココフィーユ岩田
シェーングランツ武豊武豊
シゲルピンクダイヤ和田
タニノミッション 川田
ダノンファンタジー川田C.デムーロ
ドナウデルタ北村友福永
ブランノワール藤井福永
マルモネオフォース富田
メイショウショウブ池添
ラヴズオンリーユー 岩田

タニノミッションは、右前ザ石の回復次第。
ラヴズオンリーユーは、フレグモーネの回復次第。

現時点での情報のため、出走予定馬と想定騎手は今後変更になる可能性があります。
スポンサーリンク

回避馬・別路線馬

  • エールヴォア    フラワーカップへ

別路線の有力馬

  • グランアレグリア  桜花賞に直行
  • クロノジェネシス  クイーンカップへ
  • ビーチサンバ    クイーンカップへ

その他の有力馬の次走情報は、3歳牝馬クラシック2019特集を参考にしてください。

スポンサーリンク

チューリップ賞 予想データ分析(過去20年)

単勝人気

人気着別度数勝率連対率複勝率
1番人気8-6-1-540.0%70.0%75.0%
2番人気3-3-6-815.0%30.0%60.0%
3番人気2-4-1-1310.0%30.0%35.0%
4番人気2-1-0-1710.0%15.0%15.0%
5番人気3-0-3-1415.0%15.0%30.0%
6~9番人気1-6-4-691.3%8.8%13.8%
10番人気以下1-0-5-1030.9%0.9%5.5%

過去20年のデータでは、1番人気が勝率・連対率・複勝率いずれもトップ。5番人気以内の上位人気馬も比較的好成績を残しており、基本的には人気サイドの馬から入るべきレースと言えます。

枠順

枠順着別度数勝率連対率複勝率
0-2-4-220%7.1%21.4%
1-2-1-273.2%9.7%12.9%
3-1-1-308.6%11.4%14.3%
2-5-3-275.4%18.9%27.0%
4-2-2-3110.3%15.4%20.5%
4-1-2-3110.5%13.2%18.4%
6-2-1-3115.0%20.0%22.5%
0-5-6-300%12.2%26.8%

過去20年のデータでは、中枠~外枠が好成績を残しています。特に、阪神競馬場の改修で外回りコースに変わった2007年以降は外枠有利の傾向が続いており、毎年のように馬券に絡んでいます。対照的に内枠の1枠・2枠は大不振で、1枠に至っては過去20年で勝ち馬なし。内枠は割り引いて考えた方がいいかもしれません。

脚質

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ5-2-2-1322.7%31.8%40.9%
先行4-7-7-565.4%14.9%24.3%
差し7-6-7-767.3%13.5%20.8%
追込4-5-4-844.1%9.3%13.4%

過去20年のデータでは逃げ馬が圧倒的な好成績を残していますが、これらはほとんどが阪神競馬場改修前のものです。阪神競馬場の改修で外回りコースに変わった2007年以降は、脚質による有利不利は特に見られません。

チューリップ賞2019 出走予定馬情報

2019/02/14
世界13カ国で騎乗し、6度目の挑戦でついにJRA騎手免許試験に合格した藤井勘一郎(35)が、JRAデビュー当日の3月2日、チューリップ賞でブランノワール(栗・須貝、牝)とコンビを組むことが決定。

2019/02/14
シンザン記念9着のドナウデルタ(牝、石坂)はチューリップ賞へ。

2019/02/13
右前ザ石のため、出走予定だった2月10日の東京6R(500万下)の出走を見送ったウオッカの娘・タニノミッション(栗・角居、牝)は、在厩のまま再度調整。順調にいけば、3月2日の阪神6R(芝1400m)か中山の2週目(中山芝1600m)あたりの競馬を目指し、チューリップ賞にもエントリーする予定。by netkeiba.com

2019/02/08
春菜賞(500万下、東京・芝1400m)を勝ったココフィーユ(美・斎藤誠、牝)はチューリップ賞へ。

2019/02/07
オークス馬ソウルスターリングの半妹で、阪神JF4着のシェーングランツ(美・藤沢和、牝)はチューリップ賞へ。

2019/02/07
エルフィンS2着のブランノワール(栗・須貝、牝)は、5日にノーザンファームしがらきへ放牧。立て直して、チューリップ賞を目指す。

2019/02/06
エルフィンS4着のオーパキャマラード(牝、本田)はチューリップ賞へ。

2019/02/01
昨年11月の2歳未勝利を勝ち上がったシゲルピンクダイヤ(栗・渡辺、牝)はチューリップ賞に直行予定。

2019/01/30
阪神JF6着のメイショウショウブ(栗・池添兼、牝)はチューリップ賞へ。

2019/01/18
つわぶき賞(500万下、中京・芝1400m)を勝ったアフランシール(美・尾関、牝)はチューリップ賞が目標。

2019/01/18
デビュー2連勝で白菊賞(500万下、京都・芝1600m)を勝ったラヴズオンリーユー(栗・矢作、牝)は、チューリップ賞での始動が有力。態勢が整わなければ、アネモネSかフラワーカップへ。

2019/01/17
リアルスティールの全妹・ラヴズオンリーユー(栗・矢作、牝)は、フレグモーネのため2月の出走予定は白紙に。状態を見ながらチューリップ賞を目標にする。

2019/01/11
阪神JF4着のシェーングランツ(美・藤沢和、牝)は引き続き在厩で調整中。次走の候補はチューリップ賞。

2019/01/09
3連勝で阪神JFを制し、最優秀2歳牝馬に選ばれたダノンファンタジー(栗・中内田、牝)は、チューリップ賞から始動して桜花賞を目指す。

2018/12/13
阪神JF6着のメイショウショウブ(栗・池添兼、牝)はチューリップ賞を視野。

2018/12/12
エリカ賞(500万下、阪神・芝2000m)を勝ったエールヴォア(牝、橋口)は、チューリップ賞かフラワーカップを視野。

コメント